最近のトラックバック

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

2018年11月19日 (月)

宣伝、紙だけに頼ってられない時代だから




写真は、先日の土曜、すなわち11月17日に行われた高校の同窓会風景です。

そこで再会した、同級生で映画会社の偉い人から「サーチ」を薦められたわけですが、もう一点、興味深い話を聞いたのでした。
それも忘れないうちに書いておきます。

映画の宣伝として、試写会でマスコミに配るリリースがあります。
東宝のリリースって(他社のは知りませんが)毎回工夫してるなあ。と思うのですが、その同期によれば、それだけに頼っている場合ではない。

知ってもらう手段は紙だけではない。
例えばSNSもネットもある。
この作品にはどの媒体で知ってもらうのが効果的か。
それを考えるのが大事。

といったたことを言ってまして(正確ではないかも、ですが)、それって書籍と同じじゃないか。と強く思いました。

書籍の宣伝といえば、少し前までは新聞広告くらいしかなかったわけですが、最近はフェイスブックやツイッター、著者さんのブログもある。
それらを本の性格に合わせて、どれをメインにしたらよいか考えていく。

映画会社同様、きっちり考えないと。と思ったのでした。忘れないうちに書けてよかったあ。

「サーチ」を見に行った理由




今日は会社帰りに日比谷に出て、「サーチ」を見ました。

同級生に、某映画会社の偉い人がいます。
昨日は高校の同窓会でして、二次会でその偉い人に「最近面白い映画、見た?」と尋ねたら、即答でこのタイトルが出たのです。

たしかに、面白い作品でした。
何より、パソコンとスマホの画面だけで見せるというアイデアがとても面白い。
そして、そのアイデアだけでなく、ストーリーもがっちりと面白いものにしている。

それはさておき。
然るべき人に薦められたらすぐに見に行く。読んでみる。

これをモットーにしてますので、昨日聞いて今日行けたことに、ホッとしてます。
早めの行動が大事。
と思っているだけに。

机の上が汚くて

今日の休日出勤は、机周りの片付けで、ほぼ終わりました。

以前もこのブログに書きましたが、私、机が汚いとモチベーションが著しく下がります。

ところが、ここ数週間、ろくに整理をしてなかったものだから、とにかく机、特に左側が汚い。
とんでもない状態。
気にはなっていたんですが、下手に手を出すと他の仕事ができなくなるぞ、というわけで、休みの今日、ようやく手をつけたのです。

予想通り数時間かかりましたが、だいぶスッキリしました。

机を整理するというのは、
「終わった仕事」
「いま取り組んでいる仕事で急ぐもの」
「いま取り組んでいる仕事でわりにのんびりできるもの」
「急がないけれどやらねばならないもの」
を分類することではなかろうかと思ってます。

そういう仕事の分類ができて、よかったです。
ついでに引き出しの中も整理しました。

これで、明日から仕事のスピードが上昇するはずです。たぶん。

2018年11月17日 (土)

杉浦さやかさんの原画展




今日は会社帰りに幡ヶ谷へ。
杉浦さやかさんが挿絵を担当された『そらはあおくて』原画展が開催中なのです。

会場は、幡ヶ谷駅から徒歩5分ほどのパールブックショップ&ギャラリー。明後日18日(日)までです。

機会あるたびに言ったり書いたりしてますが、杉浦さんの原画って、とてもいいのです。
印刷ではどうしても出せない柔らかみとかあたたかさ。それらが感じられます。

というわけで、原画展はできるだけ行くようにしているつもりです。

特に今日は、お近くにお住まいのライターさんに会場でご挨拶できて、とても嬉しかったです。
このブログを読んでくださっているとのことで、誠に恐縮であります。
社内と他社の数人の編集者を別にすれば、リアル読者にお会いするのって初めてかも。感激してます。

会社から意外に近いわりには、なかなか来ない幡ヶ谷。
もう少し駅周辺を散策したかったのですが、この後、半蔵門で出版記念パーティに行かねばならず、短時間の滞在でした。それが残念。
ライターさんともゆっくり喋れず。

出版記念パーティのことは、日を改めて書きます。

2018年11月15日 (木)

ジュンク堂書店福岡店が凄い。







今日11月14日は福岡出張でしたが、
その目的の一つが、ジュンク堂書店福岡店さんに行くこと。

いま、こちらのお店で黄金文庫フェアを展開してくださっているのです。
壁一面を使っての展開、かなりの迫力ですよ。

というわけで、福岡在住の作家、白駒妃登美さんと一緒にご挨拶に行ったのです。
もちろん、白駒さんは黄金文庫から文庫が出てます。
色紙もお持ちしたら、早速貼ってくださいました。
ありがたいです。本当に。

«福岡出張