最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

2018年9月19日 (水)

同じ日の新聞宣伝ですが



ちょっと古くなってしまいましたが、
8月31日の朝日新聞と、東京新聞。
(上が朝日新聞です)
同じ日の新聞宣伝ですが、本の位置が微妙に異なります。
読者層を意識しての変化だと思いますが、ふうむ、こう考えているのかあ。
同じ日に同じ出版社が異なる新聞に宣伝を出す。
こういうのってあまり見たことがないので、今後の参考のために写真を撮っておきました。
カバンの中に入れていたため、ボロボロになってますけどね。

イラスタレーターさんの小冊子








昨日は大阪で『隠れ大阪人の見つけ方』出版記念イベントだったのですが、そこでまえだみゆきさんから小冊子をいただきました。
まえださん、本書に参加してくださったイラスタレーターのお一人なんですが、手売りもしてくださってます。
ありがたいです。
その手売りの際に配っているのが、この小冊子なんだそうです。
弊社としても、販促に使えないかなあ。あるいはヒントにできないものか。いろいろ刺激を受けてます。

2018年9月18日 (火)

奥付2題

というわけで、今日は大阪の書店さんにいたのですが、空き時間に書店店頭の気になる本をパラパラと見てました。

そこで驚いた奥付の話。

その1。
他社の知り合いの編集者さんの担当本を見ていて奥付を見たら、その担当者さんのお名前も入ってました。
まあ、そこまでは想定内と申しましょうか、その出版社さんはどの本も担当編集者の名前を奥付に入れてます。
びっくりしたのは、その人のメールアドレスまで入っていたこと。
その人の別の担当本も平積みしていたので(つまり複数の担当本がヒットしてるのです、その人)そちらも見てみたのですが、やはりメールアドレスが入ってました。
そういう社の方針なのかしら、と思って、その出版社の他の編集さんが担当した本を探して来て奥付を見たのですが、お名前だけでメールアドレスはなし。というか、それが普通だと思います。
メールアドレスを入れるというのは、読者からの感想が、賛否どちらも直接届くわけで、これはかなりメンタルが強くないとできないなあ。でも読者の声をダイレクトに聞くよい方法だなあ。と感心したのでした。
弊社は、担当編集者の名前を表に出さないというのが社風なので、そもそも奥付には名前が出ませんが、こういうことをしている編集者さんもいる。というのは勉強になります。

その2
こちらは実名を出してよいと思いますが、サンクチュアリ出版さんは、奥付に部数を出してるんですね。
一冊しか見てないので、たまたまその本だけなのかもしれませんが、これもかなりインパクトがありました。

大阪で出版記念イベント






三連休最終日の今日は、大阪の書店さんで『隠れ大阪人の見つけ方』出版記念イベントでした。

どのくらいの参加人数なのかわかってなかったのですが、用意したパイプ椅子30人分が全て埋まり、盛会となりました。

面白い話もかなり出た、と思います。
よかったあ。

2018年9月15日 (土)

八重洲ブックセンターのやえちゃん撮影会で思ったこと。

流れ星が見えてる時に願いをつぶやけば願いが叶う。
といいますが、
「流れ星が流れるなんで、いつかわからない。
それでもそんなチャンスのための準備をして、
自分の夢を一瞬で言えるようにしている。
そんな人だから夢が叶うのだ」
という説もあるようです。
普段の準備の重要性、ということなのでしょう。

昨日、八重洲ブックセンターの公式キャラクターやえちゃんのお披露目だったことはすでに書きましたが、そのお披露目の後半は、ツーショット撮影。

すでに人気があるようで、他社の女性社員さんたちが並んでましたが、そのうちに、やえちゃんに自社の本を持たせる人が出てきて、さらにはポスターを持ってもらう人も。

その写真を、おそらく自社のSNSにアップするのだと思います。
あ、これは宣伝になる。
と思って私もカバンの中を探しましたが、出てきたのは読みかけの他社本のみ。

自社本やポスターを持って来た人たちは、ひょっとするといつもカバンの中にいれてるのかも。

流れ星がいつ目の前を流れてきてもよいように、
準備が大事。

私も、宣伝の機会がいつ来ても良いように、
担当本をカバンに常に入れておかなくては。
と思ったのでした。

«八重洲ブックセンターのやえちゃん