最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

2017年7月27日 (木)

【本】『書店繁盛記』




ジュンク堂池袋本店副店長、田口久美子さんの『書店繁盛記』。姫路の古書店で購入しました。
田口さんのお名前は、小説編集からずいぶん前に離脱した私でも知ってるくらいですから、かなり有名な方だと思います。
もっとも、10年以上前の本なので、田口さんの肩書き、変わっているとは思いますが。
そして、ここに描かれてる書店の状況も変わっていると思います。おそらくは、厳しい方向に。
と、本を作っている立場の人間が軽々に言ってはいけませんが。電子書籍の普及や活字離れなどなど、リアル書店にとってはマイナスな要因が増えてるわけですから。
書店さんが喜んでくれるような、つまり売れる本を作らなくては。と改めて思います。
そして、これも当たり前のことですが、書店によって、あるいは店員さんによって、本の並べ方というのは変わるんだなあ、と思ったのでした。
びっくりしたのは、この本の中でコミック担当の書店員さんが新海誠さん(言わずと知れた「君の名は。」監督)に言及していることで、目利きの書店員さんは10年以上前から目をつけてたんだなあ。

2017年7月25日 (火)

白駒さんの講演会を会議室で






今夜は、弊社会議室で
白駒妃登美さんの講演会でした。
集客にほとんど苦労しないまま
(白駒さんのフェイスブックでの告知がメイン)
たくさんの人が参加してくださいました。
しかもキャンセル0。
ありがたいです。
会議室を使っての講演会、
こんな感じで毎回できたら
いいなあ。

2017年7月24日 (月)

明日は社内で講演会




文庫の編集作業、大詰めであります。
昔、文庫メインで編集していた頃を思い出しました。
あの頃も、かなりギリギリの、ヒリヒリの、スケジュールだったなあ。
進歩してない。

そんな中、明日は社内会議室を使っての著者さんの講演会です。
参加者の皆さんにリマインダーメールを送ったり、著者さんの会社の方に細かな質問を送ったり。
いつもの本作りとはまるで違う頭を使っている感じがして、楽しいです。慣れないことは、慣れてないから面白い。と思います。

写真は、本日の職場のおやつ。
五島列島に行っていた後輩のお土産です。

【本】『書店員X』




昨年話題を集めた『文庫X』。
その仕掛け人である、さわや書店の長江さんの本です。
文庫Xの裏話をいま読んでもなあ、
と最初は読むつもりがなかったのですが、
フェイスブックで某書店長さんが
この本のことを紹介していて、
その店長さんのオススメ本はできるだけ読みたい、
と思っているので読むことに。
結論から言いますと、読んでよかったです。
文庫Xの裏話ももちろん出てくるのですが、
生きづらい今をどう生きるか、
という問いへの、実際に働いている人からの解が
ここにある。と思うのです。
実際に行動している人の言葉は重い。
そして、文庫Xのような企画が形になるためには、
その会社の雰囲気とか社風が大事なのね。
と改めて思ったのでした。

2017年7月22日 (土)

静かな職場でできること




本日は休日出勤でした。
このところ、土曜に出社してますが、
毎回、同じメンバーが来てるような気がします。

今日は私、机の整理にかなり時間をかけました。
というか、時間がかかるくらい
机まわりが雑然としていたわけで。
いま私の机は
単行本用と文庫用、ふたつあるのですが、
どちらもかなり汚くて、
そして汚いと私、やる気が出ないのです。
時間かけた分、だいぶスッキリしました。
これで月曜からやる気になるはず。です。
とりあえず、机が綺麗なのは嬉しい。

そのあと、文庫の今後のラインナップを
考えてました。
文庫にできそうなものを自社本から探して、
並べ方や担当者の仕事の割合を考えて、
そしてできれば毎回の目玉商品も考えて、
というわけで、この作業、意外に時間がかかります。
人が少ない静かな職場でじっくり考えることが
できました。
よかった。

来週は、単行本のラインナップを考えようっと。

写真は、職場に置いてあった
陣太鼓。熊本銘菓です。
美味しいのです。

«【神保町ランチ日記】四川料理秋