最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

2018年10月13日 (土)

他社の話を聞くのは面白い。

今日は打ち合わせの予定が流れたので、急遽、神楽坂へ。
TOEIC講師の中村澄子先生が、担当編集者さんたちと晩御飯を食べるという情報を耳にしていたので、そのお店に行ったのです。
中村先生の担当なので、当然のように英語に詳しい人たちで、私は専らお話を聞く担当でした。
同業他社の話を聞くのは、やはり勉強になりますね。

新刊をあまり出さなくても大丈夫なビジネスモデル(既刊本の売り伸ばしと学校採用本の作り方がうまいのだと理解しました)とか、他社さんで力を入れてる分野とか。

話を聞くばかりで、こちらからは何の提供もできなかったのが、申し訳ないです。
しかもかなりの遅刻。
中村先生の新刊のコラムのチェックをしてたから、なんですけどね。

2018年10月12日 (金)

【本】『物を売るバカ2』




川上徹也さんの新刊です。
ベストセラー『物を売るバカ』の第2弾ですが、前書きに川上さんご自身がお書きになっている通り、こちらから読んでも全く問題ありません。

この本、帯がすごく大きいですが、あくまでも帯ですからね。

物を売ろうとすればするほど売れなくなる。感情を揺さぶって売ることが大事。
というわけで、全国各地の成功事例を詳しく紹介してます。その数、帯のコピーによれば72。
成功事例なので、これらを読んでるだけでも楽しいのですが、その具体例を自社で真似するためにはどうしたら良いか、それぞれ抽象化してくださってるのがありがたいです。事例の紹介本ではなく、実践するための本ですからね。

川上さんの本を読むとなんだか元気が出てくるのですが、それは「自分もやってみよう。きっとうまくいくに違いない」と思わせてくれる力があるからだと思います。
とりあえず、西新宿の理容店には行かなくちゃ。

2018年10月11日 (木)

久しぶりのTOEICの編集で驚いたこと。




いま担当している1冊、TOEICの問題集です。
久しぶりに担当してます。
数年ぶりのはずですが、その間にいろいろと技術が進歩してますね。びっくりしました。

TOEICの本は、カバーをアメリカのTOEICの本部に見せることになってます。書体などに、細かなルールがあるのです。
そのため、カバーに印刷する日本語をネイティブに訳してもらい、その英文を印刷した紙とカバーとをアメリカに郵送、返事が来るのを待つ。返事もファクシミリじゃなかったかなあ。そんなやり取りをしてました。
当然ながら時間がかなりかかる。手間もかかる。

今は違うのです。
ネイティブに訳してもらうところまでは同じですが、それをカバーのPDFにはめこんで(私にはできないので、そこまでネイティブに頼みました)、そのデータを添付してメールで送る。
そうすると、返事が2日くらいで戻って来る。

簡単だし速い。
かなり驚きました。
というか、メールを使えばいいわけですよね。

ちなみに、メールの文章はグーグル翻訳に頼みまして、それをネイティブにチェックしてもらいましたが、問題ありませんでした。
グーグル翻訳の進化も目覚ましいのですよ。と、いろいろ驚いた数日でした。

写真は、TOEIC本部に送ったカバーの一部です。

2018年10月10日 (水)

有村架純さんのドラマを見るのは愛社精神からなのです。




さてと。
今日からTBSで「中学聖日記」が始まります。
私はこれから、録画で見ます。

このドラマの原作、弊社のコミックなのです。
だから、このドラマを見てSNSなどで取り上げて、少しでも盛り上げたいのです。
となると、リアルタイムで見るのがベスト。無理なら録画でその日のうちに。
そうすることで、コミックの売り上げに少しでも貢献したいのです。このほとばしる会社愛。

主演が誰かなんて関係ないのです。
有村架純? ふううん。
てな感じなのです。
(と、奥さんには説明してます)

さてと。見なくちゃ。

2018年10月 9日 (火)

著者インタビューが嬉しかったもうひとつの理由




昨日10月7日は杉浦さやかさんの書店イベントだったわけですが、もうひとつ、とても嬉しいことがありました。

『丸亀製麺はなぜNo.1になれたのか?』の著者、小野正誉さんの著者インタビューが、産経新聞に大きく載ったのです。
ここまで大きな記事は珍しいです。早速、ネット書店アマゾンのランキングが上昇しました。

これに加えて嬉しかったのは「この記事、ネットでも話題になってますよ」と、小説チームの後輩がメールで教えてくれたこと。

新聞に載ることは知ってましたが、ネットの状況は全く知らなかったので、嬉しい情報でした。
そして、こういうことを他部署の人が教えてくれる、ということも嬉しいことでした。

人ひとりが見聞きできる範囲なんてたかが知れてます。自社の本や著者に関する情報を目にしたら耳にしたら、担当編集に教える。たとえ自分のチームのことでなくても。
当たり前のことかもしれませんが、今一度徹底しなくては。と思ったのでした。

«「君はイラストレーターになれる」