最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

2017年12月15日 (金)

【本】初代社長の本を改めて読んでみた




ここ数日かけて、弊社の初代社長の本を読んでました。初代社長、黒崎勇氏は、光文社時代に「少女」「女性自身」、祥伝社で「微笑」を創刊し、そのどれもが時代を代表する雑誌となったという人です。
客観的に見て、凄い人が社長だったんだなあ、と改めて思います。
今から27年前の本ですが、今読んでも勉強になります。
昔は編集者の先輩の本として読んでましたが、今回は編集長の先輩の本として。雑誌と書籍では異なるところもありますが、それ以上に学ぶべきところがあるわけで。
「当事者の唯一の武器は仮説を立てる能力」
「面白いという定義は、感動がある。知識が得られる。毎日暮らしていく上に得をする。人間として生きていく上に役に立つ」
「戦略の段階では困難を無視し、戦術の段階では困難を意識せよ」
「あなたひとりだけに、この情報をお知らせする」
「企画力とは各人の行動力に正比例するものではなかろうか」
などなど。他にもあるんですけどね。
一番印象的だったのは、次のエピソードです。

近頃「女性自身」に読者の声が反映されてないと思った黒崎さんは、編集部に、
「街中でさりげない読者の声をキャッチして、ひとり五つずつ集めてほしい。ひとつの声を五百円で買おう」
と提案した。
これ、自分自身に課してみなくては。

この本、入社時に総務からもらったんですが、最近の新人は持ってるのかな?

2017年12月13日 (水)

【神保町ランチ日記】ビストロフェーヴ




ここ数日かけてようやく読み終えた本があるのですが、その本のことは改めて書きます。自分の中で整理しなくては。
というわけで、フェイスブックにも書きましたが、神保町の食べ物屋さんの話。仕事がバタバタしてる時は、基本、食べ物くらいしか楽しみがないわけでして。
先日お店の前を通った時にチラシをもらったのですが、ランチは毎週水から金の3日のみ、しかも12時から13時半まで(注文は13時まで)というなんだか強気の設定が逆に気になり、行ってみました、ビストロフェーヴ。
店の構えからして、なんとなく雰囲気があります。
夜営業がメインなんでしょうね、おそらく。
お昼のメニューは2種類しかなく、私はポークソテーをいただきましたが、これがびっくりするくらい美味しかったのでした。
また行かなくては。
美人だったら何をしても許してしまうのと同様、美味しければ営業時間が強気でも許してしまいます。
あ、さすがに料理の写真は撮れませんでした。

2017年12月12日 (火)

「すくすくスケッチ』のカバーをめくると




このネタ、インスタグラムに投稿したら評判がよかったので、こちらにも。
先日、杉浦さやかさん新刊『すくすくスケッチ』が完成し、書店に並んでるわけですが、購入してくださった人の中にも気づいてない人がいるかも、そんなネタです。
この本のカバーをめくると、杉浦さんが毎日描いている「ふき(お嬢さんのお名前)日記」から抜粋したイラストが、出てきます。
この日記が、いわば本書の原形なのです。
カバーをめくったところにも、何か工夫したいなあと思いまして。
カバーの裏や帯の裏に印刷する、というのもありますね。
いつかやってみたいと思います。

2017年12月11日 (月)

お歳暮をいただきながら。




ありがたいことに、この時期、仕事関係の方々からお歳暮をいただきます。
編集部の一角に置いて皆で美味しくいただいてますが、文字通り一瞬で無くなるものと、少々時間のかかるものと、はっきり分かれるますね。
これ、食べる前に決まりますから、「美味しいか否か」ではありません。要は「美味しそうに見えるか否か」。
パッケージがおしゃれなもの、美味しそうなものはなくなるのが速い。
ということは、本もたぶんパッケージが大事。
面白そうな、思わず手を伸ばしたくなるようなパッケージを作っているか。冷静に考えなくては。
ビジュアル的なことは弱いので、だからこそ考えなくては、と思います。

写真はそんなこととは関係なく、本日のお昼ごはん。会社の近くの喫茶店で、ポークジンジャーでした。

難しいことをやさしく、の雑誌






先日、購入したことを書いた「ジュニアアエラ」、
ようやく読めました。
といっても全部で52ページ、活字の量も少ないので、地下鉄の中30分くらいでほぼ読了できました。
読み始めるまでが長いのですよ。
それはともかく、いろいろ勉強になりました。
難民問題やパンダのことは純粋に勉強になりましたが、
難しいことをいかにわかりやすく伝えるか、
その参考になりますね、この雑誌。
というわけで、次回も買ってみます。

«他社の編集者さんと食事しながら