最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 1 まずは始めてみます | トップページ | 3 紀伊國屋ホールのトークショーに参加して »

2009年7月 6日 (月)

2 出版社の数は3979

先日の朝日新聞夕刊(たしか7月4日)の記事によると、

出版社の数が4000社を割ったらしいです。

それだけ出版不況、ということらしいですが、

業界の中にいる人間としては、何を今更といいましょうか、

斜陽産業なんだからむしろ当然なんじゃないの? という気がします。

それに、じゃあ、新しい出版社がどんどんできればいいのか、

というと、それもちょっと違う気がしますし。数で計れるものでもないでしょう。

もちろん、この業界、新参者には非常に厳しいわけで、

その辺のところは是正すべきだと思いますが。

むしろ、こういう記事を、小さいながらも一面にすることのほうが、驚き。

で、ブログのスタート時に、こういう暗いネタを扱うのもどうかなあ、

と思ったのですが、自分が所属しているところを「斜陽産業」と認識していることは、

スタート時に表明しておいたほうがいいと思い、ネタにした次第です。

ただ、私、根が楽天的なのか、業界全体は斜陽産業でも、

その中にいる人間はまだまだやれることがあるはず、と思っています。

私の場合は編集なんだから本作りはもちろんですが、

宣伝、販売、流通のこと、あるいは情報発信。

まだまだやれる。やっていない実験がいろいろある。

まあ、このブログも、言ってみればその実験のひとつなわけで。

というわけで、斜陽だけどまだまだやれる、という宣言でした。

あ、参考までに朝日の記事は、これです。

(うわ。リンク貼れた。ブログ、すげえ)

長くなる過ぎるけれど、上記サイトがなくなると困るので、記事テキストも貼っておきます。

減る出版社…昨年度末4000社割れ、創業わずか9社

 国内の出版社数が、08年度(09年3月)末現在で、30年ぶりに4千社を割ったことが、出版年鑑などを発行する出版ニュース社(本社・東京都千代田区)の調べで分かった。創業した出版社の数も戦後はじめてのひとけた台に減り、出版不況を裏付ける現状が明らかになった。

 出版社数は、08年度末で3979社。79年度の4092社からずっと4千社台を維持し、97年度には4612社まで増えたが、その後は倒産・廃業が増え、低落傾向が続いていた

 また、08年度に創業した出版社は9社にとどまった。戦後は、まだ混乱期だった48年度の95社が最も多く、78年度まで毎年32~83社で推移してきた。それ以後は減少傾向が続き、07年度は19社にまで落ち込んでいた。

 出版ニュース社の清田義昭代表は「先の見えない出版業界の現状が数字からも分かる。低落傾向はしばらく続くかもしれない。多様な出版、多様な言論が衰退していく危機感を感じている」と話している。(西秀治)

« 1 まずは始めてみます | トップページ | 3 紀伊國屋ホールのトークショーに参加して »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/30437490

この記事へのトラックバック一覧です: 2 出版社の数は3979:

» 日本触媒【4114】、合同製鐵【5410】売りました。125,200円の利益です♪ [株式投資でミリオネーゼ]
皆さん、こんにちは〜 今日は、ダウも休場なので、さえない動きかな?と思ってたんですが、 100円以上下げましたね 機関投資家が、日本株での運用に弱気という指標を発表しており、これが下落につながったのかな?と私は見ています。 [続きを読む]

« 1 まずは始めてみます | トップページ | 3 紀伊國屋ホールのトークショーに参加して »