最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 22 夏休み終了! | トップページ | 24 スケジュール管理 »

2009年8月10日 (月)

23 著者になる人、ならぬ人

7月の終盤、出張が続きました。
新潟と、大阪。
それぞれ、著者候補に会いに行くのが目的だったのですが、
結果的に、新潟はNG。大阪はGOとなりました。

新潟の著者候補は、新聞記事で知り、
「この人、面白いなあ」
という思いから、アポイントをとりました。
で、実際にお会いすると、地元のテレビ局からの出演依頼も結構あるようで、
それなりにマスコミに露出している。

一方、大阪の著者候補は、ご本人の本を読み、
「この部分をもっと書いてほしい。この部分、もっと知りたい」
という思いから、アポイントをとりました。
で、実際にお会いすると、地元のラジオ局にレギュラーの番組をお持ちで、
それなりに活躍している。

これだけで一般化するのは危険ですし、
そのつもりもありませんが、

テレビ向きの人より、ラジオ向きの人のほうが、
著者としての適性があるのかもしれません。
その人の「話」だけで番組を持たせなくちゃならないわけですから。
かつて編集した『日経1年生!』は、
ポッドキャスト(パソコンのラジオ)を活字化したものですし。

もうひとつ加えるならば、話を聞きだす側(つまり、編集者)が、
「この人の、この話をもっと聞きたい」
と思えなくちゃ、
企画にはなかなかまとまらないようです。
単に、「面白そうだから会ってみたい」
じゃあ、ダメなんですね。

ま、それがわかっただけでも、新潟に行った甲斐がありました。

« 22 夏休み終了! | トップページ | 24 スケジュール管理 »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/30907749

この記事へのトラックバック一覧です: 23 著者になる人、ならぬ人:

« 22 夏休み終了! | トップページ | 24 スケジュール管理 »