最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 66 リアルとネットの違い? | トップページ | 68 テレビの力 »

2009年9月29日 (火)

67 企画の立て方について考える

編集者の大事な仕事として、
企画を考えるというのがあります。
大事というより、ここからすべてが始まる、というべきでしょうか。
企画が通らないことには、本作りがスタートしないわけですから。

で、この企画なんですが、
著者先行」と「タイトル先行」があるように思います。

他社さんの本や、テレビや新聞で、
「こんなに面白い人がいるんだ!」
と知り、この人にこういうテーマで書いていただいたら面白いだろうな、
と、まず著者候補から発想するのが「著者先行」。

これに対して、
こういう社会状況なんだからこんなテーマの本を読んでみたい。とか、
こういうタイトルの本があると面白いんじゃなかろうか、
と、本のテーマ・タイトルが先にあって、
そのテーマ・タイトルだったらどんな著者がいるんだろう
と考えるのが「タイトル先行」。

だと思うのです。かなりざっくりした書き方ですが。
で、
私の場合は、明らかに「著者先行」型です。
まず著者候補、が発想のスタートなんですね。

ところが、よくよく考えてみたら、
小社の企画会議では他の編集者も著者先行型ばかり。
これは、バランスとしてよくないと思うのです。

タイトルだけ出して、これにふさわしい著者いないかな、
と企画会議で皆で考える。そういうのもいいと思うんですよ、たまには。

ちなみに、
企画には「持ち込み」というのもありますが、
これはこれで、なかなか難しいものがあります。

個人的には高校まで住んでいた福岡に関する企画
タイトル先行で出したいんですが、
なかなかいいのが浮かびません…。

【本日のアマゾン】
・相変わらず『巻くだけダイエット』が強い。
・新顔(たぶん)の本も、上位に入っている。具体的には、
『ツキが貯まる一番簡単な方法教えます!』
『「まじアポ」を確実に!90秒テレアポ営業術』
『見えないものが見えてくる 数値力の磨き方』
なんだか、即効性が求められている感じ。

« 66 リアルとネットの違い? | トップページ | 68 テレビの力 »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/31571748

この記事へのトラックバック一覧です: 67 企画の立て方について考える:

« 66 リアルとネットの違い? | トップページ | 68 テレビの力 »