最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 95 「小学五年生・六年生」休刊 | トップページ | 97 山田真哉の玉手箱 »

2009年10月28日 (水)

96 「書店営業ツイッターの旅」とは何か?

公認会計士の山田真哉さんが、今、興味深いイベントを行っています
題して、「書店営業ツイッターの旅」。

ベストセラーとなったご著書『世界一やさしい会計の本です』と『世界一感動する会計の本です』の改装版発売を記念して、全国の書店めぐりを行っています。
出没予定地域は、
札幌・仙台・埼玉・筑波・千葉・東京・川崎・横浜・名古屋・津・京都・大阪・西宮
・神戸・広島・高松・松山・高知・福岡・津田沼の20都市。
すべて自腹なんだそうです。

これだけでも凄い行動力だと思うのですが、
さらに、かかった費用・時間・距離などをツイッターにアップしています。
山田さんの全国書店めぐりの状況が、
ツイッターを通して、ほぼリアルタイムでわかるわけです。
ツイッターというものを知った時に、
自分の仕事に何か使えないかなあ、と個人的に思っていたのですが、
こういう使い方もあるんですね。勉強になるなあ。

山田さんは、かつて書店めぐり「本屋でどうでしょう」を
ユーチューブにアップしてまして、
その衝撃的な結末も含めて、非常にビックリしたんですが、
いろいろなアイデアをお持ちなんだなあ。
と改めて感動してます。
著者がこれだけがんばっているんですから、
編集者もジタバタと動き回らなくては。

ところで、
今回のイベントにはもうひとつの目玉があります。
山田さんが立ち寄った書店さんに、特製「同人誌」を配布しているのです。
というわけで、先日、三省堂神保町本店で『世界一やさしい会計の本です』を購入し、
特製同人誌「山田真哉の玉手箱vol1」を入手いたしました。
この同人誌が、これまた凄い!
のですが、この件は長くなるので、また改めて。

【本日のアマゾン】
・上位陣、順番は変わっているけれどあまり代わり映えしないなあ、と思っていたら、
『羽田美智子 私のみつけた京都あるき』がランクイン。気になる。
・『選ばれるプロフェッショナル』もランクイン。
・『民主党政権で中小企業はこう変わる!』もランクイン。
・『社長! 大丈夫! その借金は何とかなる!』ランクイン。あ、すばる舎だ。

« 95 「小学五年生・六年生」休刊 | トップページ | 97 山田真哉の玉手箱 »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/31974456

この記事へのトラックバック一覧です: 96 「書店営業ツイッターの旅」とは何か?:

« 95 「小学五年生・六年生」休刊 | トップページ | 97 山田真哉の玉手箱 »