最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 125 【本】企画の王道 | トップページ | 127 新たなるカウントダウン »

2009年11月29日 (日)

126 「怪談レストラン」シリーズのイラスト

昨日は小1になるわが子を寝かしつけているうちに、
自分自身も寝てしまい、ブログ更新ができませんでした。
不覚。

わが子とは、たまに近所の書店に一緒に行くことがあります。
そんな時は児童書売り場にも行きます。
子供の世界には、大人の本の常識からはびっくりするような
超ロングセラー、というのがあるようで、
例えば「かいけつゾロリ」シリーズなどがそうです。

「怪談レストラン」シリーズというのも、
子供たちにはかなり人気があるようです。
ちょっと大きめの書店に行くと、
児童書コーナーにずらっと置いてあります。

「日経デザイン」を見ていたら、
このシリーズのことが載っていました。
なんでも、
1996年に刊行を開始し、50巻で累計700万なんだそうで。
13年間で50巻ということは、1年で4冊出ている計算になります。

「日経デザイン」によると、人気の理由の一つは、イラスト。
シリーズを2人のイラストレーターさんが担当していて、
かとうくみこさんのイラストは高学年に、
たかいよしかず氏のイラストは中学年に、
それぞれ人気があるらしいです。
このくらいの巻数になると、
イラストレーター、つまり見た目を変えることで
読者層に変化がつけられるんだなあ。

ちなみに、たかいさんを起用したのは、
本の読み聞かせのイベントで氏の作品集を見ていた小学生の男の子たちが
笑っているのを担当者が見かけて、連絡したのだそうです。
メイン読者層の行動、よくよく観察しなくてはいけないなあ。

【本日のアマゾン】
・『ハッピー・リタイアメント』5位。浅田次郎って人気あるんだな、と再認識。
・『京大少年』漫才師・ロダンの本らしいが、著者は別の人?
・さすがに『坂の上の雲』が続々ランクインしている。
・『男おひとりさま道』ランクイン。今日の朝日新聞書評欄も影響しているのかな。

« 125 【本】企画の王道 | トップページ | 127 新たなるカウントダウン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/32421861

この記事へのトラックバック一覧です: 126 「怪談レストラン」シリーズのイラスト:

« 125 【本】企画の王道 | トップページ | 127 新たなるカウントダウン »