最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 131 景気のいい話 | トップページ | 133 オリコンの本ランキング »

2009年12月 5日 (土)

132 アグラをかいている場合ではない

昨日、ツイッター経由で某ブログを読んでいたら、
興味深い記事が載っていたので書いておきます。

作家の柳美里さんが
雑誌『創』に「今日のできごと」というエッセイを連載していて、
最新の12月号では新刊『オンエア』のことを書いています。

「目覚めている時間の大半を『オンエア』に費やしています」とのことで、
具体的には、
サイン本上下1400冊、
書店用POPづくり400枚、
サイン会と書店回り72店、
インタビュー21回

サイン本とポップの数に驚きますが(書店周りの数もすごい)、
これについて、柳さんは、
「作品を校了し、一冊の本として世に送り出してからは、
一冊でも多くのひとに読んでもらうべく努力をする。
これは当たり前のことだと思うんです。(中略)
現在は深刻な出版不況で、雑誌は休刊ラッシュだし、
小説の初版部数はどの社もかなり抑え気味です。
どこへ行っても、売れない、売れない、という嘆き節しか聞こえてこないことは確かですが、
いっしょになって嘆いたってなにもはじまらないし、だいたいそんなの格好悪いでしょう。
小説を書くのは作家の仕事、小説を売るのは出版社の仕事、
と作家の座にアグラなんてかかないで
(中略)
本が出たら販売部の一員として書店まわりをするぐらいの勢いで、
売ることに懸命になるべきだと思うのです。

やるべきことをすべてやって、それでも売れなかったら、
だれからなにをいわれても、口を噤んで俯くしかありません」

…私も、本を編集するのが編集者の仕事、と言っている場合ではない、
売るために、あるいは本の存在を知ってもらうために、
やるべきことはすべてやらなくては、と思った次第です。

『ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣』(美月あきこ著)のために、
やるべきことはまだまだあるはず。

【今日のアマゾン】

・『脳に悪い7つの習慣』15位。この本、今日の「王様のブランチ」で紹介されていた。
・苫米地 英人さんの本がやたらランクインしている感じ。
・『やればできる』32位。何位まで行ったのかな。


« 131 景気のいい話 | トップページ | 133 オリコンの本ランキング »

備忘録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/32503328

この記事へのトラックバック一覧です: 132 アグラをかいている場合ではない:

« 131 景気のいい話 | トップページ | 133 オリコンの本ランキング »