最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 171 アンケートにお答えします | トップページ | 173 祝!直木賞 »

2010年1月14日 (木)

172 追い告について

追い告について

担当させていただいた
ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣』(美月あきこ著)が
またもや重版となりました。
発売6週で5刷! 大変嬉しいです。

来週、この本の新聞宣伝を行うことになりました。
新刊の時に他の本と一緒に新聞宣伝を行っていますが、
今回は、この本メインでドーンと行うそうです。
(といったことを決めるのは、宣伝部なのです)
スペースも広くなるので、その分、宣伝文句をたくさん入れられます。
読者の声などを入れて、作る予定です。
無事、新聞に掲載されたら、改めてアップします。

ちなみに、このように発売後、改めて打つ宣伝って、ネットによると
「追い告」というらしいです。
(小社では「追い広」と言っているような気がするけれど…)

出版社によって、この「追い告」に対するスタンスはかなり違うようです。
この本は売れる、あるいは売れそう、と判断したら、
追い告をガンガン打つ出版社さんが存在する
(例えば幻冬舎さんとかサンマーク出版さんとか)
一方で、ほとんど新刊時の広告のみ、というところも。
小社は明らかに後者だと思います。
(あ、単に追い告を打つほど、売れている本がないのか…)
あまり経験がないだけに、あれこれバタバタしてます。

ところで。
小社に一番近い書店さんは、
九段下駅そばの啓文堂さん。
ここは、朝8時から夜10時まで営業しているという、
1日1回は書店に行きたい人間には、大変ありがたいお店です。
ここでは、ビジネス関係の本の売り場は、2階です。
ですので、この本もずっと2階だったのですが、
さっき見に行ったら、1階の新刊コーナーにも積んでありました。
つまり、1階と2階の2箇所展開
大変嬉しく、売れているんだ、と実感しましたが、
同時に、「新規においてくださったこの本、売れなかったら大変だあ」
と、気になります。

【本日のアマゾン】
・『社長! 会社を継がせたいならココまでやっておかなくちゃ!』1位。新刊、ではないのだが。
・『「共感」で人を動かす話し方』ランクイン。このテーマ、気になる。読もうっと。
・『銀行としぶとく交渉してゼッタイ会社を潰すな!』ランクイン。何だかこういうタイトル、多くないかな

« 171 アンケートにお答えします | トップページ | 173 祝!直木賞 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/32984519

この記事へのトラックバック一覧です: 172 追い告について:

« 171 アンケートにお答えします | トップページ | 173 祝!直木賞 »