最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 161 今年最初に読む本 | トップページ | 163 年賀状 »

2010年1月 4日 (月)

162 人生ゲームで思いついたこと

小1のわが子、ただいま「人生ゲーム」に夢中です。
いわずと知れた、ボードゲームの古典的人気商品です。
1968年に日本での発売を始めたそうですから、
今年で42年目か。

わが子の場合、1月2日に祖父に買ってもらったのですが、
それから今日までの3日間で、20回近くやったのではないでしょうか。
実は父親である私も子供の頃、このゲームが好きで、
でも買ってもらえなかったという思い出があるので、
(なので、持っている友達の家でやってました)
親子で大喜びでやってます。
(でも、20回は多いだろう、さすがに)

この人生ゲーム、なかなか面白い工夫がしてあります。
ボードが2種類あって、
時間がない場合は「ジュニア」ステージ、
時間の余裕がある場合は「億万長者」ステージ、
という風に時間によってボードが選べます
さらに、4人で遊んだ場合、
ジュニアは約30分、
億万長者は約60分、という大体の時間も箱に書いてあります。
我が家は3人家族ですが、億万長者ステージの場合ほぼ毎回50分で終わりますから、
「4人で約60分」というのは、かなりいい線だとおもいます。

こういう工夫を見つけると、
本でもやれないかなあ、とあれこれ考えてしまうわけでして。

例えば、
「時間がない人は1章と3章、4章だけ読んでください。時間は約30分です」
「時間の余裕がある人は、全章を読んでください。時間は約2時間です」
みたいなことを前書きとか目次に書いてみたら、
面白いのではないでしょうか。
あるいは、「この本の使い方」というページを設けるとか。
もちろん、こういうことをやれる本とやれない本と、ありますが。
ダイエットとか、勉強本なら可能ではないかなあ…。
本を読むスピードも、実際に時計ではかる必要がありますが。

【本日のアマゾン】
・『世界でもっとも阿呆な旅』3位。昨年11月の本。どこかで紹介されたのかな。
・『笑える! 世界の七癖 エピソード集』14位。これも昨年秋の刊行。何かあったのか。
・『壁を破る言葉』もランクイン。これは2005年刊。ふううむ。


« 161 今年最初に読む本 | トップページ | 163 年賀状 »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/32858999

この記事へのトラックバック一覧です: 162 人生ゲームで思いついたこと:

« 161 今年最初に読む本 | トップページ | 163 年賀状 »