最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 179 【書店様限定!】ポップとリリースを進呈します | トップページ | 181 追い告について・続報 »

2010年1月22日 (金)

180 【本】目のつけどころ

久しぶりに、読んだ本の感想です。

読んだのは、『目のつけどころ』
『さおだけ屋はなぜ潰れないのか』で知られる公認会計士・山田真哉さんが
会計以外のテーマで初めて書いた本です。

「目のつけどころの教科書」、とお書きになっている通り、
構成がカチッとしています。
1・2部で「長考フレームワーク」(アイデアや発想を生み出す)
3・4部で「瞬間フレームワーク」(説得力や切れのある発言をする)
読了すると、アイデアの作り方から、会議でいきなり話をふられたときの対処法まで
身につけることができるという、凄い本です。

いつものことながら、印象的だったフレーズをいくつか。

・目のつけどこがよくなるためには視点を増やさなくてはならない。
・こじつけによって生まれた分析が重要。
・増やした視点は紙に書き出す。思考の外部化。これが人間の人間たるゆえん。
・人に対して何かを最大限効果的に伝えようと思ったら、人はたとえ話以外に伝えるすべを持たない。
・誰かの目のつけどころのよさに感心し、「これ、いい」と真似したもののほうがずっと効果が高い。
・テレビはどんどん見よう。テレビがつまらないのは見ている自分の感度が鈍っているから。
・ほめるときは目線を上げる。
 ↑
テレビの話は印象的でした。たしかに、そうかも。

山田さんの本にしては珍しく、「です・ます」調ではなく、「だ・である」文体。
これ、考えたうえでの選択なんだろうな。

「5つの3秒テクニック」「黒十字アイデア法」など、
これは? と思わせるネーミングが絶妙です。
絶妙と言えば、カバーデザインも絶妙。
タイトルとキャッチコピーが一緒になっているのです。
そのまま真似するわけにはいかないけれど、
こういう帯の使い方、自社本でも考えてみたいなあ。

200ページ未満の薄さで、文章もとても読みやすいが、中身は濃い。
再読しなくちゃ。

【本日のアマゾン】
・『巻くだけダイエット』と『フリー』が相変わらず強い。
・『Paris発、パウンド型で50のケーク』ランクイン。パウンドケーキ形をした銀の箱にレシピ本、ミニパウンド型、スプーンの3点をセット、とのこと。面白いこと、考えるなあ。現物見てみたい。
・『ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣』28位。ありがたいなあ。
・『Googleの正体』ランクイン。気になるが、この本とツイッター本、どっちを先に読むべきか。

« 179 【書店様限定!】ポップとリリースを進呈します | トップページ | 181 追い告について・続報 »

本の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/33086664

この記事へのトラックバック一覧です: 180 【本】目のつけどころ:

« 179 【書店様限定!】ポップとリリースを進呈します | トップページ | 181 追い告について・続報 »