最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 170 カウントダウン13日 | トップページ | 172 追い告について »

2010年1月13日 (水)

171 アンケートにお答えします

今日は、ちょっとバタバタしてました。
先日のブログで、「もう出した本」「これから出す本」「そのうち出す本」
の3つの時間軸を意識する、といったことを書きましたが、
今日はまさにそうでした。

午前中に、12月に担当させていただいた『ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣』の著者・美月あきこさんにメール(またもや重版が決まったのです! これで5刷だ)。
午後は、春に刊行予定の本の著者・澤田有紀弁護士との打ち合わせのため、大阪の事務所へ。
そして夜、会社に戻って、今月末に刊行する『TOEIC TEST 3カ月で高得点を出す人の共通点』(中村澄子著)
の最終確認。

そんな中、知り合いの他社編集者さんからメールが来てました。
「編集者」について社内でスピーチをするので、
アンケートに答えてほしい、というものです。

中村先生の仕事の気分転換に、
そのアンケートに取り組んだんですが、
どうせならこのブログにも貼っておこうと思います。
以下、質問と答えです。
正直なところ、私の答えはどうでもいいんです。
自分の仕事をする上で、これらの質問の答を考えるのって、
なかなかいいのではないか、と思ったものですから。

(1)どんな時に企画のアイディアが生まれますか?

本、雑誌、テレビで「この人、面白いなあ」と思ったときに、
「自分だったらどういう本を書いてもらうかなあ」と考えることが多いです。
出版企画って、「この人に本を書いてもらいたい」という人物先行型と、
「このテーマで本を出したい」というテーマ先行方があると思うのですが、
私の場合は圧倒的に前者です。
(ん? これで答えになってますかね。お風呂に入っている時、といった答えの
ほうがいいんでしょうか?)

(2)どんな時に編集者として嬉しいと感じますか?

重版です。
この人は面白い、この本は面白い、と思って作っているわけですから、
それをよりおおくの人に読んでもらえるのは、大変嬉しいです。

(3)どんな時に悲しいと感じますか?

これは当然、仕事上、ですよね。
奥さんに怒られたとき、とかでなく。
率直に言って、あまり悲しいことはないですね。
仕事がうまく行かない時はあるけれど、
「悲しい」とは思わない。「なぜうまく行かない?」と思います。

(4)疲れた時や行き詰まった時、どうしていますか?

ううむ。なんだろう? 
とりあえず、やることをやっているうちに、忘れているのではないか、と。
私、記憶力が凄く悪いんですよ。

(5)編集者としていつも心がけていることを教えてください。

いろいろありますが、第一は「健康」です。
突然風邪をひいたりしたら、自分も周囲も困りますので。

【本日のアマゾン】
・『人にはぜったい教えたくない「儲け」の裏知恵』2位。
 アマゾンキャンペーンを展開なさっていること、知ってましたが、文庫で2位になるとは。凄い。
・『もういちど読む山川日本史』12位に。不思議。
・『FXママの子育てしながら月収100万円マル秘テク』ランクイン。
 この手の本、いまだに人気があるのか。
・『NLP速読術』ランクイン。ふうむ。

« 170 カウントダウン13日 | トップページ | 172 追い告について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おお、これはこれは。
アンケート、こちらこそありがとうございます。
ネタに使わせていただきました。

知り合いの他社編集者さんです(笑)。
この度はアンケートにご協力くださり、本当にありがとうございました! 先ほどスピーチは終わったのですが、おかげさまで思いのほか好評でしたよ。またお会いしたときに、詳しくお聞かせいたしまーす。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/32976027

この記事へのトラックバック一覧です: 171 アンケートにお答えします:

« 170 カウントダウン13日 | トップページ | 172 追い告について »