最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 160 元日の読書特集 | トップページ | 162 人生ゲームで思いついたこと »

2010年1月 3日 (日)

161 今年最初に読む本

毎年、最初に読む本を何にするかはちょっと悩みます。
その年を象徴する、というと言いすぎですが、
やはり、1番目に読む本には、それなりに気合が入ります。

で、今年の最初の本なんですが。

昨年、単行本の編集者をやってみて、
改めて、自分が歴史に関して疎いということを痛感しました
もちろん、文庫編集者時代からうすうす感づいてはいましたが。

歴史の本を企画する、というわけではないのですが、
著者(あるいは著者候補)と喋っている時や、
企画をあれこれ考える時に、
歴史の素養がないことを痛感するのです。
それに、学生時代はあまり面白く思えなかった日本史が、
40台半ばになって、なんだか無闇に興味深く思えてきました。

そういう目で見るからなのか、
昨年、書店で妙に気になっていたのが
「もういちど読む山川日本史」

山川出版と言えば、歴史の教科書で有名ですが、
その高校の教科書を、一般読者向けに書き改めた通史なのです。
昨年8月に出版し、10月ですでに3刷。
日本史が気になる、改めて日本史を勉強したい、
という人が増えているのでしょうかね。
というわけで、この本を今、読んでます。

学生時代に習っていた歴史の知識を、
修正しなくてはいけない部分もあるようで、
勉強になります。
(○○の乱といった名称が変わったりしています)

ただ、正月休みはいろいろやることが多くて
(初詣や雑煮作りなどなど)
なかなか読みすすめられません。
正月休み中に、読了できるかなあ。

【本日のアマゾン】
・まどみちお『いわずにおれない』ランクイン。これは、テレビの影響だな。
・もっとも、『竜馬が行く』もランクイン。これまた、テレビの影響である。
・2005年刊行の『ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち』ランクイン。これは何が理由かな?
・ライトノベルスっぽい本が相変わらず多い。

« 160 元日の読書特集 | トップページ | 162 人生ゲームで思いついたこと »

本の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/32846577

この記事へのトラックバック一覧です: 161 今年最初に読む本:

« 160 元日の読書特集 | トップページ | 162 人生ゲームで思いついたこと »