最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 201 国立国会図書館長のインタビュー記事 | トップページ | 203 カウントダウン22日 »

2010年2月14日 (日)

202 酒宴の思い出

今の会社になって数年は文芸担当で、
その頃は作家さんとお酒を飲む機会が非常に多かったのですが、
ノンフィクション担当になってからは
他社の人たちと飲むことが増えました。

それが仕事に直結する、ということはあまりないのですが、
他社の仕事の進め方とか、
会議の回数とか、
そういうのを聞くだけでも勉強になるわけでして。

先日も、他社の人たち数人と飲む機会がありました。
同業他社の編集者、
新聞記者さん、
ライターさん3人、
それに私の計6人。
活字関係の人ばかりなので、
最近の仕事のこと、いわゆる出版不況のこと、売れ筋のことなど、
あれこれ勉強になりました。

しかし。

休日の前、ということでいつもより日本酒の量が多かったようで、
それが失敗でした。

気づいたら、朝。
5時くらいだったでしょうか。
夜11時くらいまではなんとなく覚えているんですが、
その後、記憶がスパッと消えております。
参加した人たちのメールなどによると、
どうやら熟睡していたようであります。

こういう状態になってしまっては、
勉強どころではありません。

担当させていただいているイラストレーターさん(特に名を秘す)の、
今年の目標は「減酒」なんだそうですが、
私も、今年の目標は「減酒」にしなくては、
と思った次第です。

【本日のアマゾン】
・『山川』の世界史と日本史が上位に。何かあったのかな。
・『八朔の雪』上位に。これは明らかに朝日の書評欄の影響だろう。
・『ボクは坊さん。』生き残る判断 生き残れない行動ランクイン。これも朝日書評欄で紹介されていた。
ちなみにこの3冊、私も読みたい。

« 201 国立国会図書館長のインタビュー記事 | トップページ | 203 カウントダウン22日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/33379686

この記事へのトラックバック一覧です: 202 酒宴の思い出:

« 201 国立国会図書館長のインタビュー記事 | トップページ | 203 カウントダウン22日 »