最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 199 【本】ツイッター 140文字が世界を変える | トップページ | 201 国立国会図書館長のインタビュー記事 »

2010年2月12日 (金)

200 200本目ということで

昨年7月からはじめたこのブログ、今回で200回となりました。
もっとも、
最近はほぼ毎日(毎日、と断言できないところが私の限界です…)書いてますので、
200といってもあまりピンと来てないのですが。

このブログを始めた直後にツイッターも始めました。
ミクシィは前から書いています。
というわけで、
ネットとの付き合いをちょっと洗い出してみます。
私はどんなところに書いているのか。

1 単行本新人編集者の頭の中(つまり、このブログ)
2 ミクシィ
3 ツイッター(個人)
4 ツイッター(編集部)
5 会社ブログ(文庫編集部ブログに間借りしてます)
6 単行本新刊情報メール
7 英語情報メール

「杉浦さやか書籍化プロジェクト」なども書いてますが、
これらは更新頻度がかなりいい加減なので、
上記7本、というところですね。
ブログ、メール、ツイッターと、とりあえずやれることはやってます。

ミクシィではあまり仕事のことを書いていませんが、
他の媒体では、仕事のことも書いています。
(あまりうるさくない程度に、と思っているんですが…)

私が今の会社に入った20年ほど前は、
自分が担当させていただいた本を世間に知ってもらう手段は、
ごくごく限られてました。
メインが新聞、時々雑誌、たまにラジオ。それぞれに広告を出す。
小社では、このくらいでした。(当然、テレビなんて論外)
で、これらの媒体で宣伝を打つかどうかは、
最終的には会社の担当部署が決めてました。

そのうち、ネットがどんどん力を増していき、
それに伴ってメールマガジンやサイトに広告を載せるようになりましたが、
それらも基本的には、
会社の判断で載せる載せないを決めます。

そういう状況を見てきましたから、
自分のブログやツイッターで自分が担当した本のことを書けるのって、
ものすごいことだと思う
のであります。
もちろん、読者数は非常に限定的ですが、
自分の判断であれこれ書けるんですよ。
編集者がやれることって、まだまだあるんじゃなかろうか
という気になるのです。

というわけで、今後も上記の媒体を使って、
あれこれいろいろ、書き連ねていくと思います。
今後もよろしくお願いします。
(と言いつつ、3~4月がかなり忙しくなりそう。更新頻度、どうなるかなあ)

【本日のアマゾン】
・『寄り道をした星(スター)が書いた 夢の扉をあけるお話』ランクイン。気になる。
・『1回きりのお客様を100回客に育てなさい』が再び上位に。何かあったのかな。
・『逆境を生き抜く名経営者、先哲の箴言』ランクイン。気になる。
・『ウケる!トーク術』ランクイン。ビジネスブックマラソンで紹介されていた本。

« 199 【本】ツイッター 140文字が世界を変える | トップページ | 201 国立国会図書館長のインタビュー記事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/33350616

この記事へのトラックバック一覧です: 200 200本目ということで:

« 199 【本】ツイッター 140文字が世界を変える | トップページ | 201 国立国会図書館長のインタビュー記事 »