最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 191 【本】どんな時代もサバイバルする人の『時間力」養成講座 | トップページ | 193 書店まわり »

2010年2月 4日 (木)

192 「新刊のお知らせ」メール

すいません!
今回の記事、かなり長めであります…。

小社編集部では、新刊が出るたびに、「新刊のお知らせ」というメールを作ってます。
で、メールアドレスを登録してくださっている人たちに、送ってます。
ご希望の方がいらっしゃいましたら、ここから登録してください。
それにしても、長い…。
【本日のアマゾン】は、この下です。

* * * * * * * * * * * * * * * * * *
祥伝社ノンフィクション単行本 新刊のお知らせ
                     2010年2月3日 第4号
 * * * * * * * * * * * * * * * * * *

こんにちは。祥伝社書籍編集部です。
平素より小社の刊行物をご愛顧くださり、誠にありがとうございます。
書籍最新刊(ノンフィクション4点 2月2日発売)の情報を中心に、
あれこれご案内いたします。
新聞広告は2月4日(木)の朝日新聞の予定です。

小社の新刊は年8回ペースですので、このメールも、そのくらいの送信頻度にな
る予定です。お付き合いのほど、よろしくお願いします。
※このようなメールは今後不要、という方は、大変お手数ですがこのメールの
一番下にある、配信停止URLよりお手続き下さい。

【今回の目次】
0 ツイッター、はじめました
1 今月の新刊
2 古市先生の新刊、出版キャンペーンを実施中!
3 担当編集者に聞く! 『狂言でござる』
4 感想メール、いただきました 
5 著者ニュース
6 今月の「のんた」クイズ
7 編集後記

【臨時ニュース!】
新刊『「カレーライス」の方程式』(古市幸雄著)が絶好調です。
紀伊國屋書店さんの売り上げで1位となりました!
(2月2日紀伊國屋書店BookWebデイリーランキング)

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
0 ツイッター、はじめました
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

140文字しか書き込めないミニブログとして、今何かと話題のツイッター。
日本では現在、500万人が参加しているとか。
ツイッターを特集した週刊ダイヤモンドは、あまりに好調な売れ行きのため、
雑誌にしては異例ですが重版したらしいです。
そのツイッター、編集部でも始めました。
編集部員が、編集の裏話や新刊情報、著者の最新ニュース、あるいは単なるボヤ
キなどなど、編集作業の合い間に(あくまでも、合い間です。たぶん)
あれこれつぶやいております。
ご覧になるだけでしたら登録の必要などありませんので、
お手すきの時にでも、見ていただけますと嬉しいです。

http://twitter.com/nonbook
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
1 今月の新刊
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

◆このメールで紹介した祥伝社の書籍は、祥伝社ホームページからもご購入いた
だけます。祥伝社ホームページ内BOOK SHOP PS http://www.bookshop-ps.com/

●「カレーライス」の方程式  古市幸雄著 定価1470円

夢の達成は料理と同じ! ベストセラー『「1日30分」を続けなさい』の著者
が贈る、世界一シンプルな戦略です。目標実現のための最速ルール41を詳しく
説明します。本書購入者だけの2大特典も用意しました。
(下の「2 古市先生の新刊、出版キャンペーンを実施中!」もご覧ください)
[http://bit.ly/curry_rice]


●「見えない資産」の大国・日本
           大塚文雄、R.モース、日下公人著 定価1680円

貸借対照表に載らない「無形の価値」が、日本には埋蔵されている!
新経営資源「インタンジブルス」とは何か?
斯界の第一人者たちがじっくりと語り合う。
[http://bit.ly/mienaishisan]

●TOEIC TEST 3カ月で高得点を出す人の共通点 
                      中村澄子著 定価1470円

累計45万部の『1日1分レッスン!TOEIC TEST』シリーズ著者であ
るカリスマ講師が、3600人の受験生を指導した「結論」を大公開!
知っている人だけが得するスコアアップのノウハウ満載です。音声セミナー付き。
[http://bit.ly/toeic_3months]

●狂言でござる―僕の「日本人の笑い」再発見  南原清隆著 定価1470円

「現代狂言」を始めて3年半。この試みを通じて著者が気づいたこと、考えたこ
とをじっくり語ります。ボケとツッコミに600年の歴史があったなんて!
「お笑い」が10倍楽しくなる、南原流「狂言」入門です。
[http://bit.ly/kyogen]


━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
2 古市先生の新刊、出版キャンペーンを実施中!
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

■今度は“料理”に挑戦!? いえいえ、「目標達成のルール」の本です!

 編集部のTwitterなどでもつぶやいておりましたが、
    お待たせしました! 古市先生の新刊、いよいよ刊行です!
 タイトルは『目標実現のための最速ルール41 「カレーライス」の方程式』!

 先行きが見えない今だからこそ、自己投資するのは当たり前。
 でも、いくら自己投資にお金や時間を費やしても、思い通りの結果が出ない――。
 何かをしなくては……と焦るばかりで、何から始めたらいいのかわからない――。
 そんなあなたに、目標達成のプロフェッショナルである著者が、
 世界一シンプルな戦略を初めて公開します。

■目標達成に、頭の良し悪しや運は関係ない!――本書の内容を紹介します

 報道カメラマン、海外留学、MBA取得、TOEIC高得点、起業……。
 数々の目標を確実に、かつ短時間で実現してきた著者は、
 「目標達成に、頭の良し悪しや運は関係ない!」と断言します。

 では、何が 必要なのか?
 じつは、夢や目標には「実現のしかた」があったのです!

 これまで自分が実現できた目標・実現できなかった目標を分析した著者は、
 1つの共通点を見出しました。
 それは、「ある一連の手順を踏んだものだけは達成できた」ということ。
 
 そして、その手順は……
 なんと「カレーの作り方」と似ていたのです。
 
 また本書では、読者から実際に寄せられた、目標達成のリアルな悩みに回答する
 「紙上セミナー」を初開催しています。
 「目標が実現できない」「目標が見つからない」など、読者から多く寄せられた悩みに
 著者がズバリ!とアドバイス。
 あなたが「本当に聞きたいこと」も、きっとここにあります!

■だから、こんな悩みを持っているあなたに、ぜひ本書を読んで欲しいのです。

  「現状はすごくイヤだけど、何をしていいかわからない……」
  「なぜ目標が見つからないのか?」
  「なぜ、一度やると決めたことを怠けてしまうのか?」
  「なかなか資格が取れない……」
  「なぜ、こんなに努力しているのに私の夢は実現しないの?」
  「私の頭が悪いから? 才能がないから? それとも……運が悪いから?」

■本書をご購入いただいた皆さまへ! 購入者豪華2大特典付き!

 『目標実現のための最速ルール41 「カレーライス」の方程式』をお買い上げの方に、
  購入者豪華特典をプレゼントいたします!

  特典1.ここでしか聞けない!古市幸雄特製・語り下ろし音声MP3ファイルを全員に!
  特典2.著者があなたに直接アドバイスする、期間限定セミナーにご招待!
(セミナーは、応募者多数の場合は抽選になります)
詳しくは、本書をご覧ください!!

■さらに、著者のサイトでは、出版キャンペーンも実施中!

 2010年2月1日(月)から2月14日(日)24時までに
 全国の紀伊國屋書店店頭、もしくは紀伊國屋書店BookWebでお買い上げの方に、
 古市先生の教材、計150万円相当が当たるダブルチャンスあり!

 応募方法など、詳しくはこちら→著者ウェブサイト(キャンペーン詳細ページ)
 ※お買い上げのまえに、必ず応募方法をご確認ください
 http://www.successtool.jp/book/curry.html#campain

■著者について

古市幸雄(ふるいち・ゆきお)
明治学院大学文学部英文科卒。読売新聞社編集局写真部退社後、夢だったアメリ
カ留学を果たし、2002年にニューヨーク州立大学アルバニー校で経営学修士号
(MBA)を取得。帰国後の3年間で、翻訳、手帳・目標達成関連、英語学校の3つ
のビジネスを立ち上げる。「中卒・高卒、二流・三流大学卒のハンディは、継続
的に勉強をすれば簡単に克服できる」という考えを自ら実践してきた。TOEIC で
は980点(990点満点)を取得。

「1日30分」自己投資 古市の能力開発 http://www.successtool.jp

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
3 担当編集者に聞く!―『狂言でござる』
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

今月の新刊『狂言でござる』担当編集者Kに、
編集の裏話を聞いてみました。

Q1 この本を作ることになったきっかけを教えてください。
A1 「現代狂言」の東京公演を観て、感激したのがきっかけです。

Q2 編集過程で、大変だったのはどんな点でしょうか。
A2 楽しかったことばかりです。著者の南原さんとじっくり取り組み、1年以
上かけた作品になりました。

Q3 南原さんって、どんなかたですか?
A3 すてきな方です!!! いろいろなことに関心をお持ちで、知識も豊富。
勉強家で、それから、スタッフの方々にも、細やかに気を配ってくださる方です。

Q4 担当のKさんは、狂言をよくご覧になるんですか? 古典芸能好きですか?
A4 はい、大好きになりました。
本書で、南原さんと対談されている野村万蔵さんの舞台もよく拝見します。南原
さんもお書きになっていますが、狂言の「和楽」な笑いは、いいですね。機嫌が
よくなります。嫌なことがあっても、どうでもよくなります。
 以前、能楽師・安田登さんの『疲れない体をつくる「和」の身体作法』を担当
してから能が好きになりましたが、本書で狂言も大好きになりました。

Q5 最後に、読者の方にメッセージをお願いします。
A5 「なぜ、日本人はツッコミがないと笑わないんだ?」――言われてみれば、
たしかに不思議ですよね。南原さんも抱いたこのギモンこそ、日本人の「笑い」
を考えるカギでした。
・キャイ~ンのお二人の決めポーズは、狂言の基本型だった!
・アンパンマンと狂言の世界に共通することは?
・コントにもある狂言の「三段オチ」と「道行き」
 ……などなど、興味深い発見がいっぱいです。本書を読んでいただければ、お
笑いの見方も広がるかもしれません。
 この本を担当して、「笑い」っていいなぁ、日本の文化っていいなぁと、再認
識しました。

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
4 感想メール、いただきました
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

小社の書籍にいただいた感想メールを、ご紹介します。
『ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣』 美月あきこ 著
[http://bit.ly/first_class]
についての、香川県・まゆみ様のご感想です。

「カバーの色使いが、とても感じよく、これから読む本のイメージがわいて来る
ようでした。
 私の知らない世界を垣間見たり、自分自身の反省すべき点が書かれていたりし
て、大変勉強になりました。印象に残っている言葉は、「顔相」、「3%」です。
 マナーの必要性をますます感じたり、相手への気遣いや、思いやりの表現の仕
方についても、考えるきっかけをいただきました。」

*あなたの書評もお待ちしています!
 祥伝社ブックレビュー http://www.shodensha.co.jp/bookreview/
※TOPページより「書評を書く」をクリックしてください。
 このメールに掲載した方には、特製図書カードを差し上げます

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
5 著者ニュース
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

祥伝社から本をお出しになっている先生方の、最新ニュースです。

●『狂言でござる』の南原清隆先生

1月26日からスタートした「現代狂言」。宮城、愛知、千葉の舞台も大盛況で
した。東京公演が2月4日(木)から東池袋の「あうるすぽっと」で始まります!
今回も、ナンチャンが古典狂言に挑戦します! 公演は、福井、島根、名古屋と
続きます。詳しくは、萬狂言のホームページをご覧ください。
http://www.gendaikyogen.com

●『背伸びするだけダイエット』の佐藤万成先生
 
『お茶の水ハカセ』(TBS系・毎週火曜日19:55~20:54)出演!
 木梨憲武さんと村上知子(森三中)さんに「効果的な背伸びの方法」を直々指導
(近日放送予定! オンエア・チェック宜しくお願いいたします)

佐藤先生・もうひとつの顔、お笑いコンビ「ケーシーズ」として出演
「ゴールドリボン ウォーキング2010」(4月24日)at 日比谷公園 日比谷野外
大音楽堂   http://www.gold-ribbon.jp/

●『龍馬の黒幕』の加治将一先生原案&出演の歴史ミステリー
 
「龍馬の暗号 最後の手紙に隠された謎」
 1月3日のオンエアが大反響で、急遽再放送が決定!
 2月5日(金)19:00~20:55
 BSジャパン
 http://www.bs-j.co.jp/ryomanoangou/

●『マインドマップ・ダイエット』の著者の鈴木孝枝先生

4月4日(日)から、『マインドマップ・ダイエット』を使った
「簡単3ステップ☆ダイエットプログラム講座」がスタートします。
講座申込受付は3月上旬から。詳細は「銀座おとな塾 産経学園」
(サイトオープンは3月下旬予定。お問い合わせは、電話:03‐5250-0719へ)

●『新・陰翳礼讃』の石井幹子先生

東京タワーをはじめ、数多くのライトアップを手がけられている石井幹子先生。
今年も 「長野灯明まつり<善光寺ゆめ常夜灯>」の照明デザインを担当されます。
長野県善光寺での五色のライトアップをご堪能ください!
2010年2月6日(土)~2月14日(日)18:00~21:00 長野県善光寺にて。
お問い合わせ:長野灯明まつり実行委員会 tel:026-259-1005
http://www.nagano-toumyou.com/

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
6 今月の「のんた」クイズ!
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

「のんた」、というのは祥伝社のマスコットです。くまです。
祥伝社の出版物から毎回クイズを出しますので、挑戦してみてください。
今回は、TOEIC受験者のカリスマ・中村澄子先生の新刊からの出題です。

(問)TOEICを毎回受験し、問題を研究しつくした中村先生によると、
 大学受験にはあまり出ないが、TOEICには出る単語、というのが存在します。
 次のうち、単語の意味とつづりの組み合わせが1つだけ間違っているものがあ
 ります。それはどれでしょう。

 1.recipient-受取人
 2.component-部品
 3.file-準備する

【今回のクイズの出題元】
 『TOEIC TEST 3カ月で高得点を出す人の共通点』 中村澄子・著 
[http://bit.ly/toeic_3months]

【先月の問題おさらい】
(問)元キャビンアテンダントである著者の美月さんによると、
ファーストクラス常連のビジネスエリートの方たちは、誰もが皆、
ある「文房具」を持っているそうです。その文房具とはどれでしょう?
 1.封筒 2.リングつきカード 3.ペン
(答)
正解は「3.ペン」でした。
みごと正解の方、おめでとうございます! 周りの人に自慢しましょう。
(解説)
著者の美月さんによると、ファーストクラスに乗っている人は社用で乗っている
ビジネスエリートが断然多いのだそうです。なかでも、自分で事業を興して成功
している創業社長には、そのマナーや姿勢に学ぶべきところが多いそう。
美月さんが特に感心したのは、ビジネスエリートの多くは小さなことでもよくメ
モを取る、ということ。つまり、メモのためのペンは必ず持っているわけです。
(しかも、こだわりぬいた自分のペンを持っているそうです…)

★『ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣
  3%のビジネスエリートが実践していること』美月あきこ・著 
[http://bit.ly/first_class]

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
7 編集後記
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

というわけで、書籍新刊に関するメールをお送りしました。長文で、すいません。
ところで2010年の年明け早々、小社にビッグニュースが飛び込んできました。
昨年出版させていただいた『ほかならぬ人へ』(白石一文著)が、直木賞を受賞
したのです。創立以来初めてのことで、社内全体がバタバタしておりますが、
こういうことで忙しくなるのは大歓迎です。[http://bit.ly/hokanaranu](萩原)

◆本メールは「祥伝社ブックレビュー」「黄金文庫100字書評(現在は祥伝社ブッ
クレビューと統合)」で、小社からのお知らせメール配信を希望された方にお送
りしています。配信を希望しない方、お心当たりのない方は、大変お手数ですが
下記、配信停止URLよりお手続き下さい。
────────────────────────────────────

■このメールは、hagihara@shodensha.co.jp様宛てにお送りしています。

■このメールに関するお問い合わせ・質問・感想などは、
mailto:hagihara@shodensha.co.jp
まで、お願いします。

■メールアドレスの変更は下記URLよりお手続き下さい。
https://a06.hm-f.jp/index.php?action=M1&a=98&f=7

■配信停止は下記URLよりお手続き下さい。
https://a06.hm-f.jp/index.php?action=C1&a=98&f=9&g=4&c=11857&code=2da5f0a29bf5c4ca3ea9450d5d59cb48

■当社の個人情報の取り扱いに関しては「個人情報保護方針」をご覧ください。
http://www.shodensha.co.jp/privacy.html

────────────────────────────────────
最後までお読みいただきまして、ありがとうございます。

         株式会社 祥伝社   http://www.shodensha.co.jp 
         〒101-8701
         東京都千代田区神田神保町 3-6-5 祥伝社書籍編集部

【本日のアマゾン】
・『心に響く小さな5つの物語』ランクアップ。致知出版社さんのメールマガジンで紹介していた。
 自社の新刊メールも、このくらい強力になるといいのだけれど。
・そんな告知もない(たぶん)のに、いまだ11位の『脳に悪い7つの習慣』は本当に凄い。
・『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう』がランクアップ。これ、先日の「お願い!ランキング」で紹介していた。その効果かな。
・『歴史の使い方』ランクイン。このタイトル、気になる。


« 191 【本】どんな時代もサバイバルする人の『時間力」養成講座 | トップページ | 193 書店まわり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/33248398

この記事へのトラックバック一覧です: 192 「新刊のお知らせ」メール:

« 191 【本】どんな時代もサバイバルする人の『時間力」養成講座 | トップページ | 193 書店まわり »