最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 211 朝の時間 | トップページ | 213 会社のDNA »

2010年2月24日 (水)

212 ダブル重版!

咲くいつ、嬉しいことがありましたので、
そのご報告です。

まず、編集を担当させていただいた
TOEIC TEST 3カ月で高得点を出す人の共通点』(中村澄子著)
が重版しました。

実際に高得点を出した人たちの本物のノートをカラー写真で出したり、
高得点を出した人たちの座談会を行なったり。
さらに、
アマゾンで予約してくださった方たちに、
中村先生の以前の本のデータを送ったり。

なんというか、
考えられる工夫を全部ぶちこみました。

何しろ、著者である中村先生は、
TOEICの本は過当競争になってますから、売れませんよ
と終始おっしゃっていたんですが、
「TOEICで高得点を出す人」は英語嫌いが多い、
という先生の発言がとにかく印象的で、
この本を読みたい人は絶対いるはず、
と思いながら作りました。
それだけに、重版がかかって嬉しいです。
自分の仮説が正しかった、と検証できたような気持ちです。

もうひとつ嬉しかったのが、
担当させていただいた『ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣』(美月あきこ著)も
同時に重版が決まったこと。

先週の「王様のブランチ」でも紹介されたし、
それなりにいい感じだろうな、と思ってはいましたが、
販売部は思ったよりも強気の部数で(あ、あくまでも小社比です)
重版をかけてくれました。

というわけで、
ダブル重版。とても嬉しいです。

私なりに、重版できた理由を分析して、
会社の共有フォルダに入れておかなくては。
なんだか生意気な言い方になりますが、
この2冊の「本の作り方」と「本の売り方」の2点において、
再現できる部分があるのならば、
メモとして残しておきたいと思うのです。

もちろん、非言語化できない部分も、あるとは思うのですよ。
でも、そのことにこれまでの編集者は甘えてきた
(という表現は違うか…。気にしなかった、というべきかな)
という気がします。
少しでも言語化できる部分があるのならば、そうしておくべきだと思うのです。
「本の作り方」と「本の売り方」において、
自分の仮説が正しかったのかどうか、の検証です。

そういう記録があれば、次回、私自身が楽ですから。

【本日のアマゾン】
・『聖書に隠された成功法則』依然、上位に。気になるなあ。
・『発達障害に気づかない大人たち』ランクイン。自社本だ! 在庫切れ状態であることを、編集部は知っているのかな。
・『デュラララ!!』シリーズがやたら目に付く。小説らしいが…。


« 211 朝の時間 | トップページ | 213 会社のDNA »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/33521368

この記事へのトラックバック一覧です: 212 ダブル重版!:

« 211 朝の時間 | トップページ | 213 会社のDNA »