最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 273 新たなカウントダウン | トップページ | 275 通勤時の嬉しい出来事 »

2010年4月27日 (火)

274 禁を破って

好みの問題でありますが、
「こんなに頑張ってます」「こんなに働いてます」
ということをアピールするのは、どうも苦手であります。
たぶん、このブログやミクシィでは、
その手のことはあまり書いてないと思います。

もっとも、
記憶力にまったく自信がないので、断言はできませんが。
ツイッターに関しては、瞬間的な愚痴や不満を言っている可能性大、であります。

苦労話をあれこれ書くのって、
まあ、率直に言ってしまえば野暮だろう、と思うわけで。
読者には関係ないし、
むしろ鼻歌を歌いながら作ったかのような印象を与えたい
と思うわけです(後者は、私個人の好みというより小社のDNAですが)。

なので、
「こんなに頑張ったんだから売れてほしい」とか
「こんなに働いたんだから買ってください」なんてアピールするのは、
個人的に、嫌なのです。

しかし。

今回は、あえて禁を破って、書きます。
4月新刊の『ちょい足しクッキング』。これは売れてほしい!

すべては私のスケジュール管理の甘さ。
これに尽きるのですが、
この本にかかわった人たちの働きっぷりを思い出すと、
売れてくれ、と念じずにはいられないのです。

例えば、
デザイン会社の社長さんは、メールでは送れない印刷データを、
夜中の12時に小社まで車で届けてくれました。
テレビ局の担当の方は、
午前2時過ぎにメールでした質問に、即座に返事メールを返してくれました。

ライターさんも、デザイナーさんも、印刷会社さんも、製本所さんも、
文字通り、ギリギリのところで動いてくれました。

この人たちの気持ちに報いるのは、
(ギャランティはもちろんですが)
「おかげ様で、ちょい足しの本、売れてますよ!」
という一言だと思うのです。

そんなわけで、
禁を破って、書きます。

これだけスタッフが頑張ったんだから、
ちょい足しクッキング、売れてほしい!

(上述の通り、すべては私の時間管理のまずさに起因してます。
ですので、このような宣言は2度と行いたくない、と思います)

【本日のアマゾン】
・『「配管」のすべてがわかる!配管百科』ランクイン。なんと!
・『お金で騙される人、騙されない人』ランクイン。

« 273 新たなカウントダウン | トップページ | 275 通勤時の嬉しい出来事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/34414798

この記事へのトラックバック一覧です: 274 禁を破って:

« 273 新たなカウントダウン | トップページ | 275 通勤時の嬉しい出来事 »