最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 262 ツイッター連動プレゼント企画、やります! | トップページ | 264 1Q84 »

2010年4月16日 (金)

263 悲観的に準備して、楽観的に遂行せよ

このブログで何度も書いていますが、
現在、4月発売の本2冊を担当しています。

1冊は、ベストセラー『「話し方」で9割変わる』シリーズの著者・福田健先生の、
新入社員向けの初めての本。

タイトルは『新入社員は「話し方」でグングン伸びる』。

もう1冊は、某テレビ番組の本

前者はまずまず順調な進行でしたが、
テレビ番組本のほうはかなりギリギリの進行。
それでも、今日(16日)9割がた終了しました。
ホッとしてます。

正直なところ、何度か「発売日をずらすべきか」という事態になりかけたのですが、
そのたびに、なんとか切り抜けることができました。
そういう点で、運のいい本なのかも。

客観的に見て、最大のピンチは、昨日15日でした。たぶん、
某テレビ番組の本、なのに、
放送1回分が使えなくなったのです。
(差しさわりがあるので詳細は省きます)

23日には見本が出来ていないとまずいのに、
数ページ分が使えない。
まあ、客観的にはピンチです。

ところが、私、結構冷静でした。
といっても、別に豪胆なわけでもなんでもなく。

実はその前日、
「ひょっとしたら使えない原稿が出てくるかも」
という気がして、その場合のシュミレーションを考えていたのです。
不幸にも予感が的中し、使えない原稿が出てきたわけですが、
シュミレーションしていたおかげで、比較的スムーズに対応できました。
(差しさわりがあるので、その辺の詳細も省きます)

で、なんでそういうシュミレーションをしていたかというと、
4月新刊のもう一冊、すなわち福田健先生のお原稿の中に、

「悲観的に準備して、楽観的に遂行せよ」

というフレーズが出てくるのです。
お原稿の段階で、
「面白い言葉だなあ」と印象に残り、
無意識のうちに、悲観的な準備をしていたのでしょうね。

というわけで、
2冊担当していると、
一方の本が他方に影響を与える、
という話でした。

ところで、
上記の「悲観的に準備して、楽観的に行動せよ」という言葉、
佐々淳行氏の言葉、という説と、
伊丹十三氏の言葉、という説と、
2説あるみたいですね。

【本日のアマゾン】
・『1Q84 BOOK 3』発売日。アマゾンでもシリーズ3冊、売れているみたい。
・『人の10倍の「仕事量」をこなす技術』このタイトル、気になる。

« 262 ツイッター連動プレゼント企画、やります! | トップページ | 264 1Q84 »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/34254379

この記事へのトラックバック一覧です: 263 悲観的に準備して、楽観的に遂行せよ:

« 262 ツイッター連動プレゼント企画、やります! | トップページ | 264 1Q84 »