最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 264 1Q84 | トップページ | 266 カウントダウン2? »

2010年4月18日 (日)

265 母の日キャンペーン

雑誌「いきいき」が、母の日キャンペーンを行なっています。
母の日のプレゼントとして、
雑誌いきいき1年分(あるいは3年分)をお母さんに贈ろう、
というものです。

これ、かなりよくできているキャンペーンだと思います。
私自身もそうなんですが、
母子ともに歳を重ねると、
カーネーションばかり送るのもつまらないなあ、
と思うのですが、
だからといって、それに変わるものをなかなか思いつかない。

その点、「いきいき」ならば、
元気なおばさんたちが読んでいる雑誌、
というイメージが確立しているから、
自分の母親に送っても大丈夫だろう、と思います。
それに、雑誌だからいろんな記事があるわけで、
どれかは気に入ってくれるのではないか、と思える。

雑誌を知り合いに送るのって、
コロンブスの卵といいましょうか、
かなりいいアイデアのような気がします。

本を知り合いにプレゼントする、というのは、
少なくとも私は、あまり好きではないのですが
(その理由を語ると長くなるので、それはまた改めて)
雑誌は、アリだと思います。


こういうのを見ると、
自社でもできないかな、と思うのですが。
知り合いに贈れる雑誌って、あまりなさそうなんですよね。

敬老の日のプレゼントとして、
雑誌「からだにいいこと」をおじいさん・おばあさんに贈る
くらいかな。(読者層がちょっと違うかも)

あるいは、雑誌ではありませんが、林望先生の『謹訳 源氏物語』は、
2年がかりで全10巻を刊行するというものですから、
古典好き、源氏好き、の知り合いにプレゼントする、というのは可能かも。
東京に住んでいる子供が、田舎の母親にプレゼントする、
というのも、『謹訳 源氏物語』なら可能な気がする…。

自分の担当ではないのですが、
企画書、作ってみようかな?

【本日のアマゾン】
・『名文どろぼう』ランクイン。わかったようなわかりにくいような、タイトルだなあ。
・『もう一度見たい!「科学」と「学習」』ランクイン。
・『居酒屋百名山』ランクイン。このタイトル、いいなあ。

« 264 1Q84 | トップページ | 266 カウントダウン2? »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
貴重なお話、ありがとうございます。
なるほど、そうでしたか。
企画って、温故知新の部分がございますね。

>雑誌を知り合いに送るのって、
>コロンブスの卵といいましょうか、
>かなりいいアイデアのような気がします。

30年以上前に、「暮しの手帖」がそういうキャンペーンをやってましたよ。
そういうプレゼントは「粋」というか「気のきいた贈り物」だって。

これくらい昔の話になると、本職の方もご存知ないこともあるのですね。
私も、歳をとったなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/34288503

この記事へのトラックバック一覧です: 265 母の日キャンペーン:

« 264 1Q84 | トップページ | 266 カウントダウン2? »