最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 306 記録更新? | トップページ | 308 編集部ツイッターの話 »

2010年6月 2日 (水)

307 AKB48総選挙公式ガイドブックを読んで思いついたこと

政界が何だかあわただしい状況になっております。
そんな中、
夏の参議院選挙よりも熱いのが、
AKB48総選挙

AKB48と、その周辺の人たち合計108人の人気投票でして、
この選挙結果によって、
シングルCDで歌える子や、テレビなどに出られる子が決まるらしいのです。
投票は、CD購入者や、ファンクラブの会員でないとできないので、
お気に入りの子を上位に入れるために、
CDを複数買う人もいるそうで。

実にどうも、凄いシステムです。
候補者の数が、煩悩の数108と同じなのも、
何だか深い。

講談社さんから『AKB48総選挙公式ガイドブック』も出ていまして、
後輩女子から借りて読んでますが(正確には、見ています)
この本、非常によく出来てます。
そして、オールカラーなのに千円というのも、
よほどの部数なんだろうなあ、と思うわけでして。

で、こういうシステムを見ると、自社でも何か応用できないかなあ、
とついつい考えてしまうのであります。
この「総選挙」のシステムの面白いところは、
何らかの投票権を持っている人が、
自分の好みに1票入れられる点
、だと思うのです。

すぐに思いついたのは、次の2案です。
これならば可能かも、と思ったので、書いておきます。
あ、もちろん著者の了解が大前提ですが、
そっち方面のことは、まだ1ミリも動いておりません。
でも、逆にOKがいただければ、どっちも実現できるんじゃないかなあ…。

思いつき その1 
「中村澄子本ナンバー1」を決める

TOEICの人気講師、中村澄子先生の本(もちろん、他社本含め)の中で、
TOEICに最も効果のあった本を、読者投票で決める。
一定期間を決めて、ネット上で行なう。
中村先生のメールマガジンや、小社の英語メルマガで告知する。
(合計すると3万人くらいになるはずです)
1位になった本は、そのことをオビに印刷して販売する。
(この思いつきの最大の問題点は、他社本が1位になった場合の対応)

思いつき その2
「ベスト・オブ・サーヤ」を決める

サーヤこと、イラストレーター杉浦さやかさんの全著作(当然、これも他社本含む)の中で、
もっともよかった本をファン投票で選ぶ。
小社から出版させていただく次回作に「応募券」をつけて、
それが貼ってあるハガキのみ、有効とする。
これは、他社本が1位になる可能性が十分あるけれど、
その場合はその出版社さんに連絡を入れる。
(この思いつきの最大の問題点は、杉浦さんの小社次回作が、かなり先になるという点)

…というわけで、『AKB48総選挙公式ガイドブック』、
仕事の一環として読んでます(←誰への言い訳?)。

【本日のアマゾン】
・上位陣、あまり代わり映えがしない。そんな中『死なないぞダイエット』が上位に。
・『モテるお父さんになる! 』あれ? この本、ランクインして10日? 気づかなかった。面白そう。
・『67億人の水』ランクイン。この著者、文章本をお出しになっていた人だ。
・『勝てる!戦略営業術』ランクイン。気になる。

« 306 記録更新? | トップページ | 308 編集部ツイッターの話 »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/35017330

この記事へのトラックバック一覧です: 307 AKB48総選挙公式ガイドブックを読んで思いついたこと:

« 306 記録更新? | トップページ | 308 編集部ツイッターの話 »