最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 319 NHKの取材でした | トップページ | 321 立ち読みサイト、始めました »

2010年6月16日 (水)

320 佐藤悦子さんのセミナー

昨日は会社帰りに東京駅に行き、
AERAビジネスセミナーに参加しました。
講師は、佐藤悦子さん
アートディレクター佐藤可士和さんの奥さんで、
クリエイティブスタジオ「SAMURAI」のマネージャー。

場内、女性が多いことにびっくりしました。
この回は参加希望者が多く、抽選になったらしいのですが
(幸い、私はその抽選に当たったわけです)
女性の参加希望者が多かったんでしょうね。

SAMURAIの仕事の仕方や
マネージャー、プロデューサーに求められる能力など、
話題は多岐にわたったのですが、
特に印象に残ったのは、
忙しい」というう言葉が嫌い、という話。

忙しいという単語、言うのも言われるのも嫌いなんだそうです。
そのきっかけになったのは、数年前の冬に行なった、
楽天・三木谷社長との打ち合わせ。
三木谷さんが猛烈に忙しく、
土曜の夜に打ち合わせ、ということになったのだが、
折悪しく、佐藤可士和さんは風邪気味で、
やつれた表情で打ち合わせ会場へ。
その顔色を見た三木谷さんがびっくりして、
「風邪ですか?」

「ええ、ちょっと風邪気味で」
と答えた佐藤さんに、三木谷さんはなんと言ったか。

これ、普通だったら
「無理なさらないでくださいね」「お休みの日にすいません」
といったフレーズになると思うのですが、
三木谷さんの返事は

「パフォーマンスが下がりませんか」

この会話をそばで聞いていた佐藤悦子さんは、
「こんなに忙しい三木谷さんが、ベストの状態で打ち合わせにやってくるのに、
忙しいからといってこっちが体調を崩したりしたらダメだ」
と痛感。
それ以来、「忙しい」という言葉を禁句にしているそうです。

その一方で、
しょうがないときはしょうがない
というフレーズはしばしば使うらしいです。
この辺のバランス感覚が面白いと思います。

外見は一番外側の中身
というセリフも、かなり印象に残りました。

セミナー終了後、知り合いの他社編集者さん(極めて優秀な方です)も
参加されていたので、近くの居酒屋でお酒。
実は別の出版社の知り合い(この人も、非常に優秀で真面目です)も
参加していたことがあとから判明。
業界参加率、かなり高かったのでは?

このセミナーの翌日(つまり、今日ですが)
佐藤悦子さんのブログを拝見しました。
お仕事のこと、家族(特にお子さんのこと)、食べものや旅行のことなどなど、
公私にわたってさまざまな話題で満載です。
こういう日々に憧れる、というのは実感としてわかります。
佐藤悦子さんの本、読まなくちゃ。

【本日のアマゾン】
・『モムチャンダイエット』が1・2位。
・『0円で8割をリピーターにする集客術』ランクイン。

« 319 NHKの取材でした | トップページ | 321 立ち読みサイト、始めました »

備忘録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/35306539

この記事へのトラックバック一覧です: 320 佐藤悦子さんのセミナー:

« 319 NHKの取材でした | トップページ | 321 立ち読みサイト、始めました »