最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 337 新刊宣伝の小冊子 | トップページ | 340 2年目突入 »

2010年7月 4日 (日)

339 キノベスとは何か

kyuわが子が『怪談レストラン』を読みたいというので、
二人で松戸の紀伊国屋書店さんに行きました。
そこで見かけたのが、

“「キノベス」:紀伊國屋書店スタッフが読んで選んだベストブック」”
“7 Years of Kino Best!”ブックフェア

というポスター。

キノベスってなんだろう、と調べてみたら、
紀伊國屋書店員さんたちが選んだ、お奨め本のことらしいです。
ネットをあれこれ探したら、下記のような説明がありました。

「キノベス」はスタッフが「自分で実際に読んでみて面白かったのでぜひオススメしたい本」として選んだ本から決定する紀伊國屋書店独自のベストブック。2003年から、昨年2009年までの7年間、ベストセラータイトルとは一味ちがった選りすぐりの本たちを、のべ200冊以上、ご紹介してきました。

ついでに、選考方法は、

1. 毎年秋、その1年間に出版された新刊を対象に、紀伊國屋書店全スタッフから「実際に読んで面白かったのでもっともっとたくさんの人に読んでほしい本」を募ります。
2. 応募に対し、社内の「自他ともに認める本好きのスタッフ」10数名の委員が最終選考。紀伊國屋書店としてオススメしたい本を、ジャンルを超えて選びます。
3. さまざまなベストセラーが発表される年の瀬、全国の紀伊國屋書店店頭に「キノベス」が並びます。

とのこと。
ですから、2010年分は、まだ決まってません。

キノベス、不勉強ながら知りませんでした。
年末だけでなく、夏場のフェアで知ったわけで、
いろんな形で情報をアップしてもらえるとありがたい、
と感じました。
「継続」は偉大であります。

で、これまでのベスト10も見つけましたので、
長くなりますが、アップしておきます。

「キノベス2009」ランキング 
1ヘヴン         川上未映子
2猫を抱いて象と泳ぐ   小川洋子
3星守る犬        村上たかし
4八朔の雪        高田郁
5プリンセス・トヨトミ  万城目学
6それでも、日本人は「戦争」を選んだ   加藤陽子
7宵山万華鏡       森見登美彦
8神去なあなあ日常    三浦しをん
9単純な脳、複雑な「私」 池谷裕二
10元素生活        寄藤文平

「キノベス2008」ランキング
1出星前夜        飯嶋和一
2そうか、もう君はいないのか   城山三郎
3のぼうの城       和田竜
4人類が消えた世界    アラン・ワイズマン
5赤めだか        立川談春
6経済は感情で動く    マッテオ・モッテルリ-ニ
7田村はまだか      朝倉かすみ
8くまとやまねこ     湯本香樹実/酒井駒子
9死刑          森達也
10ルポ貧困大国アメリカ  堤未果

「キノベス2007」ランキング
1サクリファイス     近藤史恵
2夜は短し歩けよ乙女   森見登美彦
3川の光         松浦寿輝
4世界屠畜紀行      内澤旬子
5給食番長        よしながこうたく
6生物と無生物のあいだ  福岡伸一
7怖い絵         中野京子
8国のない男       カ-ト・ヴォネガット
9先生とわたし      四方田犬彦
10ピクトさんの本     内海慶一

「キノベス2006」ランキング
1わたしを離さないで カズオ・イシグロ
2鴨川ホルモー 万城目学
3東京バンドワゴン    小路幸也
4図書館戦争       有川浩
5ミーナの行進      小川洋子
6small planet      本城直季
7陰日向に咲く      劇団ひとり
8一瞬の風になれ 第一部 佐藤多佳子
9配達あかずきん     大崎梢
10終末のフール      伊坂幸太郎

「キノベス2005」ランキング
1サウスバウンド上・下  奥田英朗
2東京タワー       リリ-・フランキ-
3死神の精度       伊坂幸太郎
4告白          町田康
5東京大学のアルバート・アイラー キーワード編・歴史編  菊地成孔/大谷能生
6ベルカ、吠えないのか? 古川日出男
7ナラタージュ      島本理生
8その日のまえに     重松清
9厭世フレーバー     三羽省吾
10失踪日記        吾妻ひでお
 アースダイバー     中沢新一

「キノベス2004」ランキング
1夜のピクニック     恩田陸
2チルドレン       伊坂幸太郎
3ダ・ヴィンチ・コード 上・中・下  ダン・ブラウン
4空中ブランコ      奥田英朗
5家守綺譚        梨木香歩
6私が語りはじめた彼は  三浦しをん
7黄金旅風        飯嶋和一
8へんないきもの     早川いくを
9約束          石田衣良
10High and dry (はつ恋) よしもとばなな

「キノベス2003」ランキング
1博士の愛した数式    小川洋子
2クライマーズ・ハイ   横山秀夫
3重力ピエロ       伊坂幸太郎
4デッドエンドの思い出  よしもとばなな
5間取りの手帖remix    佐藤和歌子
6陽気なギャングが地球を回す  伊坂幸太郎
714歳からの哲学     池田晶子
8会社はこれからどうなるのか  岩井克人
9いま、会いにゆきます  市川拓司
10無名          沢木耕太郎

【本日のアマゾン】
・上位陣、タレント本やダイエットなど、やわらかい本が多い。
・その中で『もしドラ』はがんばっているなあ。

« 337 新刊宣伝の小冊子 | トップページ | 340 2年目突入 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/35637973

この記事へのトラックバック一覧です: 339 キノベスとは何か:

« 337 新刊宣伝の小冊子 | トップページ | 340 2年目突入 »