最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 392 アマゾンの上半期ベスト10 | トップページ | 394 再び、大先輩とのお酒 »

2010年8月28日 (土)

393 【本】『顧客満足度№1のチームマネジメント 回転寿司スシロー 7つの秘訣』

この土日は帰省中なので、パソコンに触れません。
27日(金)に書き溜めて、自動更新するつもりですが、
うまくいくかなあ…。

さて。
以前、「ルビコンの決断」というテレビ番組を見ていたら、
回転寿司スシローを特集していました。
本社が大阪にあるためか、関東にはあまり出店していないと思うのですが、
(なので、現物を見たこと、ありません)
非常に人気のある回転寿司チェーンらしく、
ふむふむと思いながら見ていました。
それが、確か5月。

そして、8月に、スシローの本が出ました。
『顧客満足度№1のチームマネジメント 回転寿司スシロー 7つの秘訣』
(永田雅乙著・阪急コミュニケーションズ)

テレビ放映以前から企画は進んでいたのでしょうが、
「お!」
と思い、読んでみました。

街の寿司屋さんがルーツのスシローは、
非常に職人気質的な社風があるようで、
そんな会社が、どのようにして人気外食チェーンになったか、
スシローと仕事をしているコンサルタント会社の社長・永田さんが執筆しています。

こういう、企業の成長物語というのは、
いろんなドラマがあるので、結構好きです。
もっとも、「ルビコンの決断」は、たまにしか見ないんですけどね。

スシローの場合も、
挫折あり、成功のノウハウあり、グッと来るエピソードありで、
一気に読みました。

本の作り方で興味深かったのは、
それぞれの章で語り手が異なる、という点。
視点はあくまでも著者の永田氏なんですが、
スシロー躍進のキーパースン7人に話を聞き、
それぞれの立場で「秘訣」を説明してもらっています。

この手の本を小社が作る場合、
伝統的に語り手は固定するのですが、
この本のような作り方もあるよなあ。

7人の中で、個人的に興味深かったのは、
PR会社社長の話。

「ひとつのPRの成功が、また新しいPRを呼ぶ」
「メディアが興味を持ちやすい“文脈”を見つけ、その文脈をPRすることを
戦略PRという」

覚えておこうっと。


« 392 アマゾンの上半期ベスト10 | トップページ | 394 再び、大先輩とのお酒 »

本の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/36393570

この記事へのトラックバック一覧です: 393 【本】『顧客満足度№1のチームマネジメント 回転寿司スシロー 7つの秘訣』:

« 392 アマゾンの上半期ベスト10 | トップページ | 394 再び、大先輩とのお酒 »