最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 377 サイン会の風景 | トップページ | 379 辻希美さんのブログに »

2010年8月12日 (木)

378 『プラットフォーム戦略』を読んでます

412mxhzmb7l__sl500_aa300_


昨日、お世話になっている著者と
東京駅近くで晩ごはんを食べました。
そのときに話題に出たのが『プラットフォーム戦略』
(平野敦司カール、アンドレイ・ハギウ著)。

短時間で一気にお読みになったそうで、
新しいお仕事のヒントになったらしいです。
で、実はその本、私もカバンの中に入れてました。
かなり売れているみたいですし、
書評系メールマガジンでも評判がいいみたいで、
気になっていたのです。
別の読みかけの本があったので、
読み始めたのは今日から、なんですが。

この本、タイトルが示すとおり、
「プラットフォーム」について論じた本です。
「プラットフォーム戦略」とは、
ネット書店アマゾンでのこの本のサイトによると、

「多くの関係するグループを「場」に乗せ、
マッチングや集客などさまざまな機能を提供し、
検索や広告などのコストを減らし、
外部ネットワーク効果を創造することで、
「新しいエコシステム」を構築する戦略」

なんだそうです。

なんというか、この説明だけだと何だか難しそう、
という印象なんですが、
実際に読んでみると予想以上に読みやすくて、ビックリしました。
もちろん、文章が平易なのが一番の理由ですが、
それに加えて、1ページあたりの文字数が少ない
(40字×13行)ので、さささーっと進みます。
中身はかなり重要なことを論じていると思うのですが、
難しいことをやさしく
というひとつのモデルではないか、と。

アマゾンや楽天といった企業の実例がたくさん出てくるのも、
興味を持って読み続けられる一因だと思います。

というわけで、たぶん今日中に読了するんじゃないかなあ。

何しろ、タイトルがいかにも真面目そうで、
カバーデザインも真面目そう。
しかも大前研一氏の、これまた真面目な推薦文が載っています。
ですので、書店で最初見かけたときは、
かなり真面目で、難しい本だと思ったのです。

つまり、本文の読みやすさと、
タイトル・カバーデザインにずれがある、
と思うんですが、これも戦略なんでしょうね。
少なくとも、逆のパターンよりは断然いいです。

【本日のアマゾン】
・『バカでも年収1000万円』在庫切れがしばらく続いているような…。
・『子どもの心のコーチング』気になる。読まなくちゃ。
・『日本人が知らない世界のすし』ランクイン。

« 377 サイン会の風景 | トップページ | 379 辻希美さんのブログに »

本の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/36135679

この記事へのトラックバック一覧です: 378 『プラットフォーム戦略』を読んでます:

« 377 サイン会の風景 | トップページ | 379 辻希美さんのブログに »