最近のトラックバック

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 374 書店さんのおまけ | トップページ | 376 この文庫が売れているらしい »

2010年8月 9日 (月)

375 押切もえさんのコラボ

押切もえさんのコラボ
今週号のAERAの中に、AneCanが綴じ込みで入っています。
(数ページですけどね)
AneCanは、いわずと知れた小学館のファッション雑誌。
AERA編集部とAneCan編集部、それぞれから
押切もえさんの本が出たので、そのコラボ、なんだそうです。
ですので、AneCanのほうには、
AERAが綴じ込みで(数ページですけど)入っています。

この2誌、どちらも今でている号の表紙は、
押切さん。
2誌(2社)が総力を結集して宣伝している感じです。

で、たしかにこれは、インパクトがあります。
先日の朝日新聞には、2冊の全面広告も載っていましたし。
それに、AERAは女性が読んでいるビジネス誌、
と聞いてますので、
AERAとAneCanの読者層の広がりも、期待できるのでは?

こういう出版社同士のコラボ、これまでもなかったわけではありません。
かつて、小社のノベルスと、徳間書店のノベルスがコラボしたこともあります
たしか、帯を共通のものにして、新聞宣伝もいっしょにやったような。
ただ、このときは出版時期が近いノベルスの同時宣伝、
という意味合いが強く、2社で行なう必然性があまりなかったような…。
(かなりアバウトな記憶なんですけどね)

今後は、今回の押切さんのようなコラボ、増えてくると思います。
つまり、著者を全面に出した共同戦線。
例えば、A社とB社の雑誌で連載している著者がいるとして、
その単行本を同時に出す、といったことなんですが、
著者によっては広がりが出るんじゃないですかねえ。
私が担当させていただいている著者の方だと、
某女性作家さんで、お願いできるかも。

ちなみに、
今回のコラボ、押切さんのAERAコラムによると、
彼女のマネージャーさんの発案らしいです
それも、素晴らしいと思います。

【本日のアマゾン】
・『小さな会社は人事評価制度で人を育てなさい!』ランクイン。お、この本、今日のメルマガで見たぞ。
・『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン』この本、早く読みたいのだけれど、読まねばならない本がたまっている…。

« 374 書店さんのおまけ | トップページ | 376 この文庫が売れているらしい »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/36098090

この記事へのトラックバック一覧です: 375 押切もえさんのコラボ:

« 374 書店さんのおまけ | トップページ | 376 この文庫が売れているらしい »