最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 399 編集部で晩ごはん | トップページ | 401 カウントダウン50日 »

2010年9月 5日 (日)

400 「本の川上から川下まで体験してみた!」が面白い!

昨日はわが子(小2)を寝かしつけているうちに、
自分自身が熟睡してしまいました。

布団に入る前に読んでていた業界紙「新文化」。
今週から始まった集中連載「本の川上から川下まで体験してみた!」が面白い。
筆者は、『キャッチコピー力の基本』などをお書きになっている川上徹也さんです

第1回は「タイトルとカバーが決まるまで

本のタイトルとカバーがどうやって決まるのか。
その経緯は、だいたいどの出版社も似ているようで、
「ふむふむ」と思いながら読み進めたのですが、
後半、書店員さんの声を聞くところが非常に実践的で、
参考になりました。

例えば、
・チェックするポイントは「タイトル」「カバーデザイン」「まえがき」「目次」「あとがき」
・カバーは寒色系より暖色系が売りやすい。
・最近は、重厚なデザインの本が売れる傾向に(デスクの上においても恥ずかしくない)
・後書きに関係者への謝辞がない本はあまり売れない

最後の「謝辞」の件は、かなりビックリ。
そうなんですか…。
謝辞に関しては、思うところもあるのですが、それはまた日を改めて。

ともあれ、
次回も楽しみです。

【本日のアマゾン】
・『ちょっと難しい1000のことばザ・パズル―10才までに覚えておきたい』ランクイン。○才までに、という表現、気になる。応用できそう。
・『医師がすすめる50歳からの肉体改造』これ、今朝の朝日新聞に宣伝が載っていたが、その効果?
・『論語の一言』ランクイン。気になる。

« 399 編集部で晩ごはん | トップページ | 401 カウントダウン50日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/36560881

この記事へのトラックバック一覧です: 400 「本の川上から川下まで体験してみた!」が面白い!:

« 399 編集部で晩ごはん | トップページ | 401 カウントダウン50日 »