最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 425 隣に置いてある本によって見え方が変わってくるんですよ | トップページ | 427【本】「オトコらしくない」から、うまくいく »

2010年10月 2日 (土)

426 数字を出す、ということ

最近、「体重を落としなさい」とお医者さんに言われたので、
外食の際もカロリーがとても気になります。
しかし、カロリー表示をしているお店って、
ありそうで、そんなにはないみたいです。

そんな時に助かるのが、
スープストック東京。
ここの定食は、7種類くらいのスープから2つ選び、
パンかご飯をつける、というものなのですが、
スープのカロリーが店外のメニューに表示されているので、
どれとどれを食べたらいいか、わかりやすいのです。

スープストック東京はチェーン店で、
御茶ノ水や丸の内にあるのですが、
女性のお客さんが多いように感じます。
その一因は、
カロリー表示にあるのではないか、
と思ってます。
気になる数字がきちんと出ている、
というのは助かりますから。

これを本に応用するとしたら、
読者が気にしている数字をきちんと出す
ということなんでしょうが、具体的には…?
ちょっと考えてみました。

例えば、英語の本ならば「TOEICで○点取れる」という表示。
あるいは、実用系の本でノウハウが○本入っています、
と示す。

「時間」というのは非常に大事ですから、
薄手の本だったら、
これだけの内容が○分で読める
といったコピーも、いいかも。これ、そのうちにやってみたいです。

そういえば、
阪急コミュニケーションズサンから出ている
『twitterレシピ』のキャッチコピーは、

たった140文字でパスタもデザートも

これ、秀逸だと思うんですよねえ。
140字だったら簡単そうって、
初心者も手を出しやすいですからね。

こういう形の数字の出し方もあるんだなあ。
数字を帯に出す工夫。
考えてみたいと思います。

もっとも、ビジネス書なんかで
「明日から仕事が楽しくなる330のポイント」
なんていわれても、多すぎるよなあ。

【本日のアマゾン】
・『女医が教える 本当に気持ちのいいセックス』が1位に復帰。
・『課長のノート』こういうテーマって、永遠なんだなあ。

« 425 隣に置いてある本によって見え方が変わってくるんですよ | トップページ | 427【本】「オトコらしくない」から、うまくいく »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/37045619

この記事へのトラックバック一覧です: 426 数字を出す、ということ:

« 425 隣に置いてある本によって見え方が変わってくるんですよ | トップページ | 427【本】「オトコらしくない」から、うまくいく »