最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 497 ポプラ社の話題の新刊のシール問題について | トップページ | 499 名刺整理をしていたら »

2010年12月17日 (金)

498 手書き文字について考える


昨日の記事に、
「KAGEROU」における手書き風のノンブルのことを書きましたが、
ミシマ社さんの本を読んでいて、「手書き文字」を見つけました。

他社さんと同じように、ミシマ社さんの本にも
「読者の感想を書いてもらうためのハガキ」と
「新刊情報」が入っているのですが、
これらが、完全に手書き文字なのです。

写真だとわかりづらい(というか、見えないかも)と思いますが、
「切手をお貼りください」
といった個所まで手書きで、なかなかかわいいのですよ。

読者とコミュニケーションを図るものに手書き文字を使うのって、
いいなあ。

小社でも、何かできないかな。
例えば、新刊のチラシをつくるときに、
担当編集者のコメントを本人の手書きで書くとか
何か工夫してみたい。と思います。

ただ、これにはひとつ、大きな、というより
致命的な問題がありまして。

私、字が汚いのですよ。
私のコメント部分、後輩に書いてもらおうかなあ。

【本日のアマゾン】
・『日米 地獄へ道連れ経済』6位に! アマゾンキャンペーンもしてないのに。
・『新・片づけ術「断捨離」も上位に。大掃除シーズンだから?
・『こう考えれば、うまくいく。』28位。気になる。

« 497 ポプラ社の話題の新刊のシール問題について | トップページ | 499 名刺整理をしていたら »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/38116712

この記事へのトラックバック一覧です: 498 手書き文字について考える:

« 497 ポプラ社の話題の新刊のシール問題について | トップページ | 499 名刺整理をしていたら »