最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 511 ブログを続ける理由(のひとつ) | トップページ | 513 元日の新聞宣伝 »

2010年12月31日 (金)

512 もっと読まねば

大晦日、であります。


私は、記録をつけるのが好きでして、
小遣い帖はずいぶん前からつけてますし、
食事の記録も、わりにまめにとってます。
(いわゆるレコーディングダイエット、というものですね)
当然、日記も。

同じように、読んだ本のタイトルもパソコンに記録してます。
(まあ、書籍編集者の多くがそうしていると思いますが)

今年読んだ冊数は、148冊。
ひさしぶりに、150を切ってしまいました。
もちろん、数をこなせばいいというわけではありません。
それは、大前提であります。
ただ、私の場合は、
才能がない分、数をこなさないと話が始まらないわけでして。

担当させていただいている作家さんの他社本や、
「この人は気になる」という人の新刊を読み、
話題になっているものも目を通す、
となると、やはりそれなりの冊数が必要です。

それから考えると、
今年はやはり少ないですね。
4月と7月がわりに忙しくて、
その分、本を読む時間が減ったのだと思います。

というわけで、来年は「150冊以上」というのが当面の目標ですが、
それに加えて、いろんなジャンルの本を読まなくては
と思っています。
ついつい仕事がらみの本を先に読んでしまうのですが、
その結果、ビジネス書がやたら増えてしまい、
理系の本、歴史の本、小説、翻訳もの、
そういったジャンルがかなり少なくなってます。
これはよろしくないなあ、と思うわけで。

そもそも、ビジネス書ばかり読んでいては、
企画にも幅がでてこない。
と思うのでありますよ。

というわけで、来年はジャンルの幅も増やしたい。
となると、ますますもって、冊数を増やさなくては。
もっと読まねば。

あ。

ついで、というとなんですが、
今年読んだ本の中で、印象に残った本を10冊、並べておきます。
まあ、ベスト10みたいなものですが、
順番に深い意味はありません。
上記の通り、仕事がらみ、ビジネス書関係が多いです。

1  鈴木成一 装丁を語る。(鈴木成一著 イースト・プレス)
2  今夜は最高な日々(高平哲郎著・新潮社)  
3  スゴ編。(編集者.jp編著・美術出版社)
4  書いて生きていくプロ文章論(上阪徹著・ミシマ社)
5  買わねぐていいんだ。(茂木久美子著・インフォレスト)
6  リストラなう!(綿貫智人著・新潮社)
7  遊ばない社員はいらない(高島郁夫・ダイヤモンド社)
8  キャッチコピー力の基本(川上徹也著・日本実業出版)
9  朝イチでメールは読むな(酒巻久著・朝日新聞出版)
10 十字架(重松清著・講談社)

【本日のアマゾン】
・『くじけないで』1位。今朝、NHKでやっていたみたい。
・『20代で人生の年収は9割決まる』ここに来て4位。凄い。
・『本当に頭がよくなる1分間勉強法』ランクイン。なぜだろう。

« 511 ブログを続ける理由(のひとつ) | トップページ | 513 元日の新聞宣伝 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/38284075

この記事へのトラックバック一覧です: 512 もっと読まねば:

« 511 ブログを続ける理由(のひとつ) | トップページ | 513 元日の新聞宣伝 »