最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 506 先輩の送別会 | トップページ | 508 越後湯沢の書店さん »

2010年12月26日 (日)

507 忌み言葉

日本は「言霊」の国と言われおります。
非常にざっくりいってしまえば、
口にした言葉が現実のものになる、という考え方。
(正確、かつ詳しいことは、井沢元彦先生『言霊』に詳しいです)

いわゆる「忌み言葉」は、ここからきているわけで、
だから結婚式では「分かれる」「切れる」を口にしないわけであります。
(ま、口にしなくても、分かれる夫婦は分かれますけどね)

というわけで、
最近、口にしないようにしているのが、
出版不況」という単語であります。

もちろん、客観的データを見たら、
たぶん出版不況なのでありましょう。
しかし、本をつくる立場の人間がそれを口にしても、
いいことはあまりないように思うのですよ。
むしろ、出版不況を理由にして、
自分のあれこれを正当化しそうな気がします。
(少なくとも、私は)

私の担当させていただいた本が売れないのは、
出版不況のせいではないのです。
私のせいなのです。

というわけで、最近「出版不況」という単語を忌み言葉にしています。
ただし、
持ち込みの出版企画をお断りする時には、
使わせていただいております。

« 506 先輩の送別会 | トップページ | 508 越後湯沢の書店さん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/38199514

この記事へのトラックバック一覧です: 507 忌み言葉:

« 506 先輩の送別会 | トップページ | 508 越後湯沢の書店さん »