最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 524 【本】1秒24コマの美 | トップページ | 526 ジュンク堂さんのベスト300 »

2011年1月13日 (木)

525 講演会という方法

日経新聞の水曜の夕刊に、
書評のページがあります。
ここ数カ月、なぜか自社の本がかなりの頻度で紹介されてます。
昨日(1月12日)も、文庫が紹介されてました。
ありがたいことです。
あ。ちなみにタイトルは『なぜ、国際教養大学で人材は育つのか』

このページの左側に、
ベストセラーの裏側」という連載があります。
ベストセラー本が、どういうふうにヒットしたのか、
文字通り裏側を紹介してくれるので、
毎回楽しみにしております。

昨日は角川新書の『デフレの正体』(藻谷浩介著)が取り上げられていました。
現在、20万部なんですって!
たしかに、アマゾンなどでよく見ます。

記事によると、「最初の販促活動」が、
「著名書評ブロガーを集めて行った著者の講演会」なんだそうです。
「デフレの招待」ですね。(…すいません)

著者は累計3000回以上の公演をこなしている人で、
それだけに効果がかなりあったと思いますが、
ポイントは、ブロガーさんを集められたことだと思います。

例えば、私が真似をしてブロガーさんを集めようとしても、
来ていただけるのは、せいぜいお一人か二人くらい。

おそらく、
ブロガーさんたちと編集者さんが、地道な人間関係を作ってこられたから、
可能だったんだと思います。

つまり、何が言いたいかというと、
本をつくっているだけで満足している編集者でいいのか、
ということでして。
自省をこめて、そう思います。

この本の担当編集者さんのお名前も出ていますが、
私の勘違いでなければ、
以前何度かお会いしたことがあります。
詳しいこと、教えてもらおうっと。

【本日のアマゾン】
・『「分かりやすい文章」の技術』ランクイン。7年前の本。
・『きっと!すべてがうまくいく 』ランクイン。これも新刊ではない。

« 524 【本】1秒24コマの美 | トップページ | 526 ジュンク堂さんのベスト300 »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

bride様、書き込みありがとうございます。
ご提案、とてもうれしく思います。
近々、「著者とlの付き合い方」で書かせていただきます。
(明日17日は別テーマで書きますけれど…)
ただ、ううむ、ご期待に添えるかどうか…。
ご希望と違う趣旨になるかもしれませんが、ご容赦ください。
そして、今後もよろしくお願いします。

いつも楽しく読ませていただいております。
上記のランキングだと毎年70位代をうろうろしている会社の編集者です。
今度、ぜひ著者との付き合い方をテーマに取り上げてくださいませんか?
編集者としても人間としても未熟な分、著者との付き合いで迷うことがあります。
さまざまな編集者と付き合ってる方、そうじゃない方と、相手はさまざまですが、
私と本を作ることに魅力をかんじて頂くために、もっとやるべきこと、心がけるべきことがいろいろあると思うのです。単行本の場合編集がチームを組むこともないので、他の人はどうやっているのだろうかと・・・。
「最後は人間的魅力だよね」などで片付けられることも多い話題ですが、何かアドヴァイス、または思うことなど聞かせて頂ければありがたく存じます。または企業秘密でしょうか・・・(笑)

よろしくお願いします。今年も毎日拝見させていただきます!!


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/38454890

この記事へのトラックバック一覧です: 525 講演会という方法:

« 524 【本】1秒24コマの美 | トップページ | 526 ジュンク堂さんのベスト300 »