最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 649 「もしドラ」のチラシ | トップページ | 651 「これからの日本を救うビジネス書戸は」という鼎談記事 »

2011年5月23日 (月)

650 カウントダウン22日

6月新刊『人生に悩んだら「日本史」に聞こう』の進行状況を、
週1ペースで書いております。

まだまだ先のことだよなあ、
と思っていたら、あともう3週間しかないんですね…。

というわけで、
編集作業も大詰め。いい感じで忙しくなっております。
先週から本文に入れる写真探しを進めてまして、
これも何とか予定通り、行きそうです。

実は1点、「これは無理だろうなあ」と思っていた写真がありまして、
正直私はあきらめていたのですが、
著者の白駒妃登美さんがいろいろ調べてくださいまして、
何とか収録できそうな感じです。
この写真の詳細は、後日改めて書きます。
偶然が重なった、と申しましょうか…。

ところで、本書の著者は、上記の白駒さんと、
ひすいこたろうさん。
お二人とも、各地で講演会をなさってます。
そんなわけで、今回の出版を記念して講演会をやりましょう、というお話が、
お知り合いから出てきているそうで、
福岡(白駒さんがお住まいです)、大坂、東京で行なうそうです。

詳細は未定でありますが、
福岡の身日程が決まってまして、7月31日(日)なんだそうです。
詳細は、白駒さんのブログをご参照ください。

聞き手が思わず涙する感動の歴史講座。
私も聞きに行きます。

【本日のアマゾン】
・上位陣、見慣れたラインナップだなあと思っていたら、『どう伝わったら、買いたくなるか』ランクイン。
・『入社1年目の教科書』なるほど、これは気になるタイトル。シンプルですけどね。

« 649 「もしドラ」のチラシ | トップページ | 651 「これからの日本を救うビジネス書戸は」という鼎談記事 »

ただいま編集中」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/40103678

この記事へのトラックバック一覧です: 650 カウントダウン22日:

« 649 「もしドラ」のチラシ | トップページ | 651 「これからの日本を救うビジネス書戸は」という鼎談記事 »