最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 718 六本木のセミナー | トップページ | 720 暑気払い »

2011年8月 3日 (水)

719 こういう小冊子を作ってみたい


Blog2011_0803


知り合いに教えてもらったのですが、
雑誌「いきいき」が興味深い小冊子を作ってます。

『ようこそブック』という名前で、
「いきいき」をもっと知っていただくためのガイドブック、
という副題がついてます。

「いきいき」って、雑誌本体の読み物だけでなく、
通販・イベントの三身一体で楽しむ雑誌なんです、
ということをアピールするものです。

読んでみると、「なるほど!」という感じでして、
読み物で元気になり、
選りすぐりの商品を通販で買えて、
イベントで仲間ができる。
さらに、ショールームで商品の実物が体感できる。
そういうことがコンパクトにまとまっていて、
「面白い雑誌だなあ」
ということがわかります。

こういうのって、いいと思うんですよね。
読者に、雑誌の魅力を伝えることができるし、
作り手も、自分たちの雑誌の魅力を再認識できる。
何より、紙以外にもこういう展開がある、
というのがぱっとわかるのがいいです。

こういうの、自社編集部で作るとしたら、どうなるかなあ。
文庫時代の英語本だと、
本にくわえて音声ダウンロードがあります、
なんてことが言えるんですが。

単行本だと、
本にくわえて著者の講演とか、
そういう展開かなあ。

新シリーズ立ち上げのときに、
魅力をすべて羅列する小冊子を作る、
というのはいいかも。

【本日のアマゾン】
・『奇跡はポケットの中に入っている』ランクイン。
・『35歳からの「脱・頑張(がんば)り」仕事術』ランクイン。4月の本。

« 718 六本木のセミナー | トップページ | 720 暑気払い »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/41066058

この記事へのトラックバック一覧です: 719 こういう小冊子を作ってみたい:

« 718 六本木のセミナー | トップページ | 720 暑気払い »