最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 732 恋愛検定とは何か | トップページ | 734 カウントダウン15日 »

2011年8月20日 (土)

733 まえがきが気になる

Blog2011_0820002


Blog2011_0820003

本を作る際に、大事なところはたくさんあって、
もちろん内容、お原稿がいいものであることは大前提ですが、
タイトルも大事だし、
カバーも大事。

それに加えて、
まえがきと目次も、たぶん、かなり重要だと思うのです。

書店店頭で、タイトルとカバーを見て「お!」と思った人が、
次にとる行動が、「まえがき」と「目次」のチェックだと思うのです。

というわけで、
担当させていただいている本に関して、
まえがきにはそれなりに力を入れているつもりですが、
最近、まえがきの「見た目」が面白い、インパクトあるなあ、
という他社本を立て続けに2冊、読みました。

1冊は『ユニクロで学んだ「巻き込み」仕事』(田中雅子)
もう1冊は『「朝10分」で仕事は片付ける』(野地 秩嘉 )

普通、まえがきって、本文と同じ文字の並べ方をすると思うのですよ。
15行×40字、とか、そんな感じ。

ところが、上記の2冊は、
1ページ当たりの文字数が極端に少ない。
1行、あるいは数行がページの真ん中にポンと置かれている。
そんな感じなんです。
で、そのほうが確かにインパクト、あるんですよね。

どの本でもできる、というわけではないと思いますが、
本のテーマと読者層によっては、
かなり面白いんじゃないかなあ。
でも、こういうのは、私にはちょっとできそうもないです…。

【本日のアマゾン】
・『ホンマもんの成功法則』2位。ちょっと気になる。
・『2012年、日本経済は大崩壊する!』お。ランキングがまた上昇しているような。
・『「しつこい怒り」が消えてなくなる本』ちょっと前の本が初ランク。何かあったのかな。

« 732 恋愛検定とは何か | トップページ | 734 カウントダウン15日 »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/41291002

この記事へのトラックバック一覧です: 733 まえがきが気になる:

« 732 恋愛検定とは何か | トップページ | 734 カウントダウン15日 »