最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 747 その時先輩はどうしたか | トップページ | 749 忍者というお店 »

2011年9月 7日 (水)

748 エクセルでもくもくと

突然でありますが、
編集者個人のできること、知っていることなんてたかがしれている、
と思うのであります。

だから、編集者ひとりひとりの知識や経験知を集約すればいい、
というか、するべきだと思っています。

例えば、失敗談。
思いのほか売れなかった担当本を分析し、
その理由を、仮説でいいから書きだす。

ここまでだと、その編集者個人の知識に過ぎませんし、
単なる反省文に過ぎませんが、
これを編集部全員で行なえば、
ある程度以上の量がたまるわけで、
「こういう方向に進むと失敗するぞ」
というのが、見えてくるのではないかと思うのです。

そういう思いで、文庫編集者時代は、
思いのほか売れなかった担当本の理由を分析し、
「この文庫はなぜ売れなかったのか」
というレポートを作ってました。

もっとも、当時は私と入社1年目の新人の二人しかおらず、
レポートを作成していたのは
もっぱら私の仕事でしたが。

で、このレポートは今のポジションでもつくらなくちゃ、
と思ってますが(なにしろネタはたくさんあるわけで…キイッ)、

それとは別に、マスコミ郵送リストを作ろうと思ってます。

新刊ができると、新聞や雑誌などなどに見本本を送ってますが、
その人たちのほとんどは、個人的知り合いではありません。
住所をネットなどで調べて、送っているわけです。

しかし、編集者という仕事を何年もやっていれば、
新聞社や雑誌記者さん、テレビ関係者などなどの
個人的な知り合いが、何人かはできてくるわけで。

そういう人たちの名前とか所属などをエクセルに書き出し、
編集部全体の共有にするといいのでは、
と思ったのです。

例えば、私の知り合いの雑誌記者さんに、
私の後輩が作った本を郵送する。

後輩にしてみると、
私にそういう知り合いがいること自体をこれまで知らなかったわけで、
パブリシティの機会を失っていた可能性があるわけです。

もちろん、私が「この本、知り合いの雑誌記者さんに送るといいかも」
と思いだすこともありますが、
毎回思いだせるかどうかはちょっと不安。

それよりは、
共有のリストを作っておいた方がいいや、
と思うのです。

というわけで、
まずは私の知り合いのマスコミ関係者やブロガーさんのお名前を、
エクセルに書き込んでます。

同じように、このエクセルに、
他の編集者も自分の知り合いのマスコミ関係者さんを書きこんでくれれば、
パブリシティに使えるリストになるのではないか、と。

ん?
ひょっとして、
他社さんには、「何をいまさら?」のこと、ですか?

【本日のアマゾン】
・上位陣、ダイエットや芸能関係の本が多い。
・『なでしこの教え あきらめない心を作る50の教え』ランクイン。これは翻訳本じゃないのね。
・『日本人の9割に英語はいらない』88位。ふむふむ。

« 747 その時先輩はどうしたか | トップページ | 749 忍者というお店 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/41557892

この記事へのトラックバック一覧です: 748 エクセルでもくもくと:

« 747 その時先輩はどうしたか | トップページ | 749 忍者というお店 »