最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 788 新刊のフェイスブックページ | トップページ | 790 手帳シーズン »

2011年10月22日 (土)

789 【本】『明日のコミュニケーション』

ツイッターなどでタイトルを目にし、気になっていた本です。
『明日のコミュニケーション』(佐藤尚之著)

フェイスブックやツイッターの登場によって広告のやり方が大きく変わった、
という本ですが、広告というよりはタイトルどおり企業のコミュニケーションのとり方の話。
したがって、広告関係者とかマーケティングの人たちだけが読むのはもったいない、
というのが読後の最初の印象。
ソーシャルネットワークはこれからどんどん広がっていくわけで、
後退は考えられないわけですから、
そのなかで企業はどういう風にすればいいのか。
それを考えるヒントとなる。、企業人必読の書、なのでは。
と思うのです。

それと同時に、かなり大事なことがコンパクトにまとまっているので、
復習も必要だなあ、と感じたのでした。

生活者の消費行動、これからは、
「共感する」→「確認する」→「参加する」→「共有&拡散する」
というのが佐藤さんの主張で、本書の根幹でもあるのですが、
ここで興味深いのが、「消費活動」でありながら「購入する」というプロセスがありません。
従来の「購入」は「参加する」に含まれるんだそうです。
つまり、本人は購入しなくても、「いいね!」ボタンを押したりRTしたりすることで、
友人・知人の購入につながる可能性があるから。

というわけで、かなり勉強になりましたが、同時に復習もしなくては。

いつものことですが、印象的だったフレーズを書いておきます。

・能動的に検索してキャンペーンサイトに行くよりも、友人・知人から「面白いよ」と教えてもらったURLを受動的に押してサイトに行くほうが増える。
・共感してもらうポイントは「極上のコンテンツ」か「感動するコンテンツ」。誰かに話したくなるかどうかがポイント。
・エバンジェリストやロイヤルカスタマーを増やしていく方法はひとつしかない。「発信元への共感」を築いていくことしかない。
・ラジオはもっと注目されていいと思う。

ただ、ちょっと気になったのは、
商品の特性として明らかに高年齢に人しか使わない・買わないものの場合、
それを使っている人がソーシャルメディアに強いとは、
ちょっと思えないのだけれど。
そういう商品は、従来どおりのアプローチになるのかなあ。

【本日のアマゾン】
・『スティーブ・ジョブズ 神の遺言』こういう本もあるのね。
・『明日のコミュニケーション』97位。

« 788 新刊のフェイスブックページ | トップページ | 790 手帳シーズン »

本の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/42636955

この記事へのトラックバック一覧です: 789 【本】『明日のコミュニケーション』:

« 788 新刊のフェイスブックページ | トップページ | 790 手帳シーズン »