最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 807 60分の一 | トップページ | 809 出版社の社長さんの話 »

2011年11月12日 (土)

808 子供用ですが

子供用ですが
物に対する執着があまりなく、
文房具などにも特にこだわりはありません。
モレスキンという手帳の存在も、
ダイヤモンド社さんから本が出るまで全然知りませんでしたし。
手帳なんて、ここ数年、同じメーカーの同じ種類を使ってます。

ただ、文字を書く機会が多いので、
筆記道具は気にするほうかも。
赤のボールペンは、著者校転記などのときに酷使しますから、
インクの出やすさが仕事の能率に直結するのではないか、と。

同様に、万年筆も書きやすいものがいいわけで。
見本本を関係者にお送りするときの一筆箋や、
逆に知り合いに本をいただいたときのお礼状などなど、
万年筆を使うことが結構あるのです。

というわけで、
職場で最近使っているのは、
ぺリカーノというものです。
これ、ペリカンが子供用に開発した万年筆なんだそうで、
グリップがかなり太いんですが、
これは子供が正しいもち方ができるように、という工夫らしいです。
結果的に、大人でもとても持ちやすいです。
スケルトンタイプというのでしょうか、半透明で、
青のほかに緑や赤もあります。なかなかかわいい感じ。
それに、何よりインクの出がいいです。
(カートリッジを入れてからインクが出てくるまでに、少々時間がかかりますが)
1500円ほどでこの使い心地。かなりいいんじゃないでしょうか。

ただ、キャップに亀裂が入りやすいようで(アマゾンのレビューにもありました)
私が以前使っていたのも、同様にひびが入り、その後割れてしまいました。
まあ、プラスチックですからねえ。

この万年筆、実は『ファーストクラスに乗る人のシンプルな習慣』の美月あきこさんが
数年前にブログで紹介されていて、それで知りました。
文房具に詳しくない人間としては、
他の人が薦めていらっしゃるのを使うのが一番、という気がします。

【本日のアマゾン】
・『営業マンは「お願い」するな!』ランクイン。


« 807 60分の一 | トップページ | 809 出版社の社長さんの話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/42984068

この記事へのトラックバック一覧です: 808 子供用ですが:

« 807 60分の一 | トップページ | 809 出版社の社長さんの話 »