最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 809 出版社の社長さんの話 | トップページ | 811 陸前高田、再び »

2011年11月14日 (月)

810 【本】『終わらす技術』

終わらす技術
昨日(11月13日)は、日曜でしたがセミナーのはしごをしました。
銀座でひすいこたろうさん&白駒妃登美さんが出演される
「今いちばん受けたい日本の授業」というセミナー、
その後、大井町に出て、美月あきこさんと美崎栄一郎さんの対談セミナー。

二つのセミナーに関しては、
日を改めて書きたいと思いますが、
今日は大井町のセミナーでいただいた本のこと。

大井町のセミナには、放送作家にしてコンサルタントでもある
野呂エイシロウさんも参加されてました。
私、野呂さんのメールマガジンを拝読しているので
「あとからご挨拶に行かなくちゃ」
と思っていたのですが、
休憩時間に野呂さんの方からサーッと寄ってきてくださいました。

しかも、名刺と一緒に新刊までいただいてしまいました。
私、名刺交換した相手が本をお出しになっている場合、
「アマゾンで買います」
と宣言するようにしているのですが、
そして当然野呂さんにもそう申し上げようと思っていたのですが、
それを上回るスピード!
ひそかに、感動してしまいました。
それが『終わらす技術』(フォレスト出版)。

さっといただいた以上、私も急いで拝読しなくては、
という気持ちになり、帰りの電車の中で読み始めたのですが、
とても面白い。 しかも読みやすい。実践しやすい。
ということで、さっき読了してしまいました。

帯のキャッチコピーにある通り、
「目的」「片づけ」「着地」の3つのポイントで
仕事もプライベートも毎日スッキリ、
という趣旨の本です。

たしかに、続けるノウハウの本はあっても、
いい形で終わらせるノウハウって、あまりなかったような気がします。

「お金の落とし前をつけよう」
「ご褒美でなく投資」
「能力が1割、人脈が9割」
などなど、印象的なフレーズが出てきます。

非常にインパクトがあったのは、
大事な取材日に寝坊してしまった時の、野呂さんのエピソード。

有名な先生にようやく取材ができるようになったのに、
寝不足が続いていたため、その当日に寝坊。
どう頑張っても間に合わない。
そこで野呂さんは“間にあう方法”を検索するのをあきらめ、
別のことを検索します。
そして、その結果を電話で相手に伝えたところ、
「それは大変だね」
とねぎらってくれて、別の日に再取材させてくれた…。

絶体絶命の野呂さんが何を検索したのか。
それは是非、本書をお読みください。

本書の後ろの方には、運が良い人の習慣がずらっと載っていて、
これも面白いですよ。

・毎朝銀行に行って、財布に残っている紙幣を入金する。
・立ち食いそば屋に入らない。
・爪を手入れする。

私も実践してみなくては。

【本日のアマゾン】
・『20代にしておきたい17のこと <恋愛編> 』ランクイン。文庫書き下ろしなのね。
・『オトことば。』ふむふむ。ツイッターをまとめたのか。

« 809 出版社の社長さんの話 | トップページ | 811 陸前高田、再び »

本の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/43006680

この記事へのトラックバック一覧です: 810 【本】『終わらす技術』:

« 809 出版社の社長さんの話 | トップページ | 811 陸前高田、再び »