最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 869 カウントダウン、たぶん9日 | トップページ | 871 エステの法則 »

2012年1月17日 (火)

870 【本】営業いらずのソーシャルメディア 人脈術

1326804011366.jpg
今夜の編集部、何となくざわざわとしています。
落ち着きがありません。
それはなぜかといいますと、
本日、直木賞・芥川賞の選考会がありまして、
葉室麟さん『蜩ノ記』(小社刊)が直木賞を受賞したのです。わーい!
私自身はノンフィクションのチームなので、
文藝とは直接関係ないのですが、
それでも、とても嬉しいです。

さてさて。

慶事報告はこのくらいにしまして。

先日、『営業いらずのソーシャルメディア 人脈術』を読了しました。
著者の高木芳紀さんの前作
『従業員7人の「つばめや」が成功した たった1年で5000万円売上げを伸ばす仕組み』が
とっても面白くて、お名前は記憶していたのですが、
昨年(だったかな?)、美月あきこさんの講演会に参加されていて、
そこでご挨拶させていただきました。

そして今回、この本を送っていただきました。
誠にありがとうございます。

実は、人脈術、という今回のタイトルにも興味があったのです。
というのも、もう12年くらい前になりますが、
文庫時代に、「人脈」の本を1冊編集したことがあるのです。
『人脈づくりの達人』(小石雄一著)です。

その時は、メールがだいぶ使われ出したかなあ、
という頃で、
当然のことながら、ツイッターもフェイスブックもない時代です。

そういうわけで、
ソーシャルメディアがものすごく普及している現在、
どのように人脈を作っていけばいいのか、
これはとても興味があるのです。

●フェイスブックの友達は少なくていい、
●中小企業はフェイスブックページよりもグループ機能を使った方がいい、
●コメント対応でその人のキャラがわかる
などなど、「へえ!」と思う話がごろごろ出てきます。

ノマドカフェFreeDOMの活動や、
巻末のインタビュー記事は、企画のヒントにもなりそうです。

それから、
この本のキーワードの一つとして「リワイヤリング」という言葉が出てきます。

これは、
「情報や人脈経路のつなぎ直し」という意味で、
高木さん流に言い直すと、
「普段の生活ではありえなかったような出会いや情報が、
まるで運がよかったのかのように舞い込んでくること」

その具体例として、ご自身の出版体験が語られます。
それから、「遠距離づきあいの情報」の有用性も語られますが、
これは何となく、わかります。
目の前の情報だけでは、飛躍がないんですよね、
結局自分のわかっている範囲でしか動かないから。

というわけで、勉強になりました。
高木さん、ありがとうございます!

【本日のアマゾン】
・父・金正日と私 金正男独占告白』このカバー、インパクトあるなあ。
・『「ダラダラ癖」から抜け出すための10の法則』これは昨日のBBM効果だな。読みたい。
・『蜩ノ記』おお!いきなり66位。

« 869 カウントダウン、たぶん9日 | トップページ | 871 エステの法則 »

本の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/43782083

この記事へのトラックバック一覧です: 870 【本】営業いらずのソーシャルメディア 人脈術:

« 869 カウントダウン、たぶん9日 | トップページ | 871 エステの法則 »