最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 972 重版決定―ちょっとした楽屋話 | トップページ | 974 映画見て思うこと »

2012年5月 3日 (木)

973 【本】『少女は卒業しない』

1336055998977.jpg
職場の後輩から借りて読んだ『少女は卒業しない』(朝井リョウ著)が、
とても面白かったです。

廃校が決まった地方の高校の
最後の卒業式。
その朝から深夜までを、
7人の女子高生の視点から描いている
連作短編集です。

登場人物や、エピソードが微妙に絡みあっていて、
それを読み解くのも楽しいのですが、
何よりも、個々の小説がとても面白い。
久しぶりに、書き手に完全に任せて小説世界を楽しむ、
そういう1冊でした。

7本の作品、どれが面白いかは読み手によって分かれると思いますが、
私は、「在校生代表」と「四拍子賞をもう一度」が、
非常に面白かったです。

「在校生代表」は、
コメディータッチなんですが、
その中に女子高生の心境がきちんと描かれていて、
非常に好感が持てました。

「四拍子をもう一度」のほうは、
小道具に使われているある道具が最後の最後で、
非常に重要な意味を持つことがわかり、
著者の企みに唸らされました。
こう使うための、伏線だつたのかあ。

この著者ならば、
非常に上質なサスペンス、あるいはミステリーも書けるのではないか
と思いました。

恋愛小説からサスペンス。
丁度、乙一氏と逆のパターンができるのではないかなと思いました。

以前、文芸を担当していた頃は、
小説をあれこれ読んでいましたが、
最近はなかなか読む機会がありません。

しかし、こういう面白い小説を読むと、
やはり時々悩まなくてはいかんなあと思ったのでした。

【本日のAmazon】
・『DVD付き 実はスゴイ! 大人のラジオ体操』が、また1位。
・『は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない』が上位に来ている。
・『Soup Stock Tokyoのスープの作り方』65位。

« 972 重版決定―ちょっとした楽屋話 | トップページ | 974 映画見て思うこと »

本の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/45124538

この記事へのトラックバック一覧です: 973 【本】『少女は卒業しない』:

« 972 重版決定―ちょっとした楽屋話 | トップページ | 974 映画見て思うこと »