最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 984 吉村達也先生の思い出 | トップページ | 986 メールの作法について考える »

2012年5月16日 (水)

985 社内勉強会、やりました

先日、社内で勉強会を行ないました。
「編集者が知っておくべきソーシャルメディアの活用法」
というテーマで、
講師はソーシャルメディア・ビジネス活用コンサルタントの秋田英澪子(あきたえみこ)さん。

この勉強会、そもそもはコピーライターであり作家である川上徹也さんに
「オビのコピー」についてお話しいただいたのが、最初です。
その後、2回目も川上さんに講師をお願いしまして、
その時に、
「次は別のテーマでどなたかゲストに呼びたいですね」
と話していました。

たまたま某会で、秋田さんがソーシャルメディアのことをお話になっていたのを耳にし、
秋田さんにゲストに来ていただこう!
と思ったのです。

秋田さん、ご快諾くださってとても助かりました。
川上さんと秋田さん、以前から面識があったのが、
大きなアドバンテージだったように思います。

川上さんには、オブザーバー的立場で今回も参加していただき、
今回の勉強会の終盤でも、
「タイトルとコピー」についてワークもしていただきました。

というわけで、かなり濃い内容の3時間になったのではないか、と。

1,2回の「コピー」も、
今回の「ソーシャルメディア」も、
私自身がとても知りたいテーマだったわけで、
どうせならば1対1で勉強するより
勉強会形式の方がより詳しくお話をお聞きできるのではないか、
他の編集者も聞いた方がいいのではないか、
と思い、行なったわけです。

まあ、私も客観的に見るならば、
年齢的に社内の若い人たちの「勉強」の機会をセッティングする立場、
になりつつあるわけで。

それに、こういう勉強会を主宰する以上、
仕事の面でもそれなりの結果を出していないと、
周囲に声をかけづらいわけでして。

そういう意味では、
不定期ではあるものの勉強会を行なう、
というのは、自分にとって心地いいプレッシャーになっている気もします。

それはともかく。
勉強会終了後は、講師の秋田さん、川上さん、
そして受講生数人で、
懇親会(という名の飲み会)を行なったのでした。

次回は、夏ごろでしょうか。リアル書店のことを勉強したいなあ、
と(今のところは)思ってます。

【本日のアマゾン】
・『アイデアのつくり方』ランクイン。古典だ。
・『一瞬で自分を変える法』ランクイン。ふむふむ。


« 984 吉村達也先生の思い出 | トップページ | 986 メールの作法について考える »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/45285488

この記事へのトラックバック一覧です: 985 社内勉強会、やりました:

« 984 吉村達也先生の思い出 | トップページ | 986 メールの作法について考える »