最近のトラックバック

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 名古屋駅の、きしめん | トップページ | 973 【本】『少女は卒業しない』 »

2012年5月 2日 (水)

972 重版決定―ちょっとした楽屋話

このブログで進捗状況などをご報告してきた、
『これを食べれば医者はいらない』(若杉友子著)が、
昨日、重版となりました。
ありがとうございます!

連休の関係もあるのでしょうが、
発売6日目の決定ということで、
かなり早めでした。
よかったよかった。

この本ができるまでには、いろいろ裏話もありまして、
差しさわりのない範囲でここに書きたいのですが、
あまり長々しく書くのもなんだか偉そうなので、
ひとつだけ。
(あ、ふたつか)

実はこの本、重要な部分で私がかかわってないのです。

まず、タイトル。
本のタイトルって、社内の会議で決めるのですが、
その会議の途中で別件の打ち合わせに出なくてはならず
(本来、こういう段取りではよくないのですが)
1週間後に再度会議を開こう、
ということになりました。

その時間を使って、
知り合いの他社の編集者さんに意見を聞いたり、
もちろん自分でもあれこれ考えたりしたんですが、
最終的には、編集長がスッと出したタイトル案に決まったのです。

もうひとつ、カバーデザイン。
本書の帯とカバーに、著者の若杉さんのお写真を入れてますが、
これ、最初は別の写真だったのです。
で、私としては何となく暗い写真だなあ、と思いつつ、
まあ、これでいくか、と思っていたのですが、
同僚の編集者が、
「雑誌の写真、もっとオーラがあった」
と言いだしまして。

雑誌というのは、「からだにいいこと」。
以前、若杉さんの特集記事が載ってまして、
そこに使われている写真が、断然いいのです。
ということで、印刷所さんに渡す直前に、写真を差し替えることにしました。

というわけで、
タイトルとカバーの写真。
この、極めて重要な2点において、
編集長と同僚のアドバイス(というか、それ以上ですが)がなかったら、
内容は同じでも見え方がまるで違っていたと思います。

以上、懺悔であります。

この本、もう一回重版したら、
別のネタを書きます…。
(はたして、書けるのか…)

【本日のアマゾン】
・『「有名人になる」ということ』順位、じわじわ上げてるなあ。
・『神田昌典の英語の近道』ちょっと気になる。
・『これを食べれば医者はいらない』80位で頑張ってくれてます。

« 名古屋駅の、きしめん | トップページ | 973 【本】『少女は卒業しない』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/45109769

この記事へのトラックバック一覧です: 972 重版決定―ちょっとした楽屋話:

« 名古屋駅の、きしめん | トップページ | 973 【本】『少女は卒業しない』 »