最近のトラックバック

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 1005 AKBのCDに思う | トップページ | 講演会あれこれ »

2012年6月 7日 (木)

1006 ちょっとした楽屋話 その4

1339058976031.jpg
食養研究の第一人者、若杉友子さんの新刊
『これを食べれば医者はいらない』の重版が決まりました。

実は先週5刷りが決まったのですが、
1週間経たないうちに第6刷が決まり、
ちょっとビックリしてます。

というわけで、前回の重版の時に書いた「ちょっとした楽屋話」、
その4弾です。

ただ、ネタ的にいろんなところで喋ったり書いたりしているので、
ひょっとしたらこのブログにも、書いているかもしれないのですが…。

若杉さん取材、毎回、若杉さんのご自宅でさせていただきましたが、
若杉さんのご自宅って、文字通り、京都の山奥なんです。
京都駅から電車を乗り換え、さらにバスを乗り換えて、
ということで、京都駅からご自宅のバス停まで、
3時間以上かかります。

「バス停に着いたら、自宅に電話して下さい。道順を説明しますから」
ということで、バス停から携帯をかけようとしたら。

そのあたり一帯、「圏外」なんですよ。
思わず絶句し、どうしようと思ったのですが、
たまたま畑仕事をしている方がいて、
その方に、若杉さんのご自宅を教えていただきました。
畑仕事をしている人がいて、
本当によかったです。

で、ご自宅に何度か通い、お話を伺ったわけですが、
その中で、旦那さんのお話が出てきました。
ものすごく感動的、印象的なエピソードなんですが
若杉さんのこれまでの本にほとんど出てこないお話です。
で、お聞きしている途中で、
「この話を本の最初の方に持ってきたらいい!」
と思いつき、その瞬間日本全体のイメージもバーッと出来上がりました。

あの旦那さんのエピソードが聞けたのが、
今回、もっとも印象に残ってます。

(…という話、どこかに間違いなく書いてますねえ…)

【本日のアマゾン】
・『蕎麦ときしめん』ランクイン。かなり昔の本だが。
・『あなたがきらめくエコ活!』版元どこかと思ったら、東京書籍だ。


« 1005 AKBのCDに思う | トップページ | 講演会あれこれ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/45565671

この記事へのトラックバック一覧です: 1006 ちょっとした楽屋話 その4:

« 1005 AKBのCDに思う | トップページ | 講演会あれこれ »