最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 1016 カウントダウン35日 | トップページ | 1018 【本】愛されるアイデアのつくり方 »

2012年6月20日 (水)

1017 ちょっとした楽屋話 その5

1340187513872.jpg
先月刊行した『これを食べれば医者はいらない』(若杉友子著)。
重版が決まるたびに、ちょっとした製作裏話を書いているのですが、
昨夜、またもや重版が決まりました。
ありがたいことです。

ただ、ぼちぼち裏話のネタがなくなりつつありまして…。
そもそも私、記憶力がよくないので、
細かいエピソード、ごそっと忘れてしまうのですよ…。

とはいうものの、若杉さん、日本各地で講演会を行なってまして、
その講演会に最初に参加した時のことは
かなり鮮明に覚えてます。

お客さんたちが100人ほど参加されていたと思うのですが、
客席の熱気に、感銘を受けました。
非常に熱心なんですね。
若杉さんのお話を実に熱心に、真面目に聞いていらっしゃる。
100人全員がそうだから、客席自体が熱を持っている感じなんですよね。

聞いている人のほとんどが女性で、
恐らくは小さいお子さんがいるような年齢。
この人たちにとって、何を子供に食べさせるかは、
実に切実な問題なんだよなあ、
と改めて認識したのでした。

そういう人たちの思いに、
この本がきちんと届いているといいのですが。

今朝の東京新聞と、朝日新聞に、
この本の新聞宣伝が載りました。

それから、書店店頭で配っていただくフリーペーパーも作製しました。
さらに売れると、いいなあ。

ちなみに、
新聞宣伝には「発売たちまち6刷!」とあるんですが、
昨夜重版が決まったので、正しくは7刷。
さすがに修正は間にあわなかったようです…。

あ。フリーペーパーも6刷だった。

【本日のアマゾン】
・『杏のふむふむ』ランクイン。なぜ今日?
・『生きぞこない …… エリートビジネスマンの「どん底」からの脱出記』読者層は、どこ?

« 1016 カウントダウン35日 | トップページ | 1018 【本】愛されるアイデアのつくり方 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/45729165

この記事へのトラックバック一覧です: 1017 ちょっとした楽屋話 その5:

« 1016 カウントダウン35日 | トップページ | 1018 【本】愛されるアイデアのつくり方 »