最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 1085 テレビ番組から企画を考える | トップページ | 1087 アプリ、始めました »

2012年8月30日 (木)

1086 ひとりブレストのルール

Hyousi

昨日の記事の続き、です。

大ベストセラー『体脂肪計タニタの社員食堂』は、
NHK「サラリーマンNEO」の「世界の社食から」というコーナーに、
タニタの社員食堂が紹介されたのがきっかけ。
と、昨日の記事に書きましたが、
この「世界の車窓から」、私も見てました。

「サラリーマンNEO」の熱烈な視聴者、というわけではないのですが、
(ですから、映画版にも行ってません)
たまたま、この回は見ていました。

そういうわけで、この本が出た時に、
「担当編集者さんは、サラリーマンNEOを見たのでは?」
と、ずっと気になっていたのです。

そして、同じ番組を見ていた私は、
書籍化の可能性をかなり早い段階で消去し、
それ以上考えるのをやめてました。

理由は簡単で、
料理本とかレシピ本、小社はあまり作ったことがなく、
必然的に、作り方や売り方のノウハウが、
それほどにはないのです。
そもそも、自分がこれまで編集したことがなく。

そういうわけで、私自身、どう作っていいのかイメージできず、
無意識のうちに、出版企画の対象から外していました。

いまにして思うと、実にもったいないわけで。
(もっとも、だからといって自社から出せたとして何百万部も売れたかどうかは、全く不明ですが)

ブレーンストーミングの鉄則は、
他人のアイデアを否定しないこと、らしいですが、
自分の脳内での一人ブレストでも、
否定からは入らない。
というのを原則にしなくては。

と思ったのでした。

※写真は、9月新刊の表紙試し刷りです。

【本日のアマゾン】
・『世界のお金は日本を目指す』ちょっと気になる。

« 1085 テレビ番組から企画を考える | トップページ | 1087 アプリ、始めました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/46884067

この記事へのトラックバック一覧です: 1086 ひとりブレストのルール:

« 1085 テレビ番組から企画を考える | トップページ | 1087 アプリ、始めました »