最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 1115 アポイントメントの入れ方について考える | トップページ | 1117 年末の風物詩 »

2012年9月29日 (土)

1116 【本】『督促OL修行日記』

1348913285924.jpg

この本、売れているみたいですね。
たしかに、面白いです、『督促OL修行日記』。

信販会社に入社した著者が、いきなり支払い延滞中のお客への督促を行なうコールセンターに配属され、そこでさまざまな事件に遭遇する、という実話です。

いきなり「今度電話してきたらぶっ殺す」「お前の会社にいまから行く」
という電話に対応させられるわけですから、
大変なストレスだったと思います。

当然のことながら、主人公は「辞めてやる」と思うのですが、
次第に、仕事にやりがいを感じ始め、成長していく。
そういう、成長の物語であります。

同時に、ストレスいっぱいの職場でどう立ち回るか、
という自己啓発書的な部分もあり、
ここはかなりの読者にとって、ヒントになるのではないか、と。

さらに、主人公が仕事で身につけたコミュニケーションテクニックが、
コラムで紹介されてます。

つまり、いろんな読み方ができる本です。

そういう本って、しばしばテーマが散漫になる危険性がありますが、
著者の文章が読みやすく、すらすら読めることに加え、
何よりその体験が凄いので、一気に読めます。
で、ぐいぐいと読んでいるうちに、読者のほうで、
いろいろなテーマを読み込んでいく。
そういう本だと思います。

「20代のOLにとっては、愛されて評価をされることが存在の証明のようなもの」
という文章がさりげなく出てきて、
思わず唸ってしまいました。

それから、この本に紹介されていたことの孫引きですが、
頭脳労働、肉体労働だけでなく「感情労働」というのもあるらしいです。
自分の感情を抑制することでお金を得る仕事で、
代表的な感情労働は、客室乗務員と集金人。
もちろん、著者の仕事も感情労働、でありますね。

それにしても。
こういう著者を見つけてきたのも、
素晴らしいなあ、と思います。
この本の担当編集者さん、知り合いなので、
どうやって探し出したのか、そのうち聞いてみたいです。

【本日のアマゾン】
・『牛に化粧品を売る』凄いタイトル。ちょっと気になる。
・『光圀伝』本日の「王様のブランチ」で特集していた。

« 1115 アポイントメントの入れ方について考える | トップページ | 1117 年末の風物詩 »

本の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/47253522

この記事へのトラックバック一覧です: 1116 【本】『督促OL修行日記』:

« 1115 アポイントメントの入れ方について考える | トップページ | 1117 年末の風物詩 »