最近のトラックバック

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 【本】『売れる作家の全技術』 | トップページ | 1097 新しいカウントダウン »

2012年9月 9日 (日)

1096 100人の営業マン

業界紙「新文化」に、ちょっと気になる記事が載ってました。

「ポプラ社はなぜ返品率を削減できたか」
という見出しでして、
ポプラ社の書籍返品率は26・2%。
これは、業界平均より11・4ポイント低いんだそうです。

削減できた大きな理由として、
「半受注委託制度」というのが出てきますが、
これは正直、かなり業界っぽい単語ですし、
弊社ですぐ真似できるのか、というと大いに疑問なので、
ここではあっさり割愛。
この記事で個人的に気になったのは、下記の2点、なのであります。

●1章程度のゲラと表紙見本が、発売2ヶ月前にできている

書店への営業活動が始まるのが、発売の2ヶ月前。
その段階で、1章程度のゲラと表紙見本をもって、
書店に行くらしいのです。
これ、弊社の本作りの時間間隔から言ったら、
とてつもなく、速いです。
このくらいのスピード感がないと、
書店さんへの営業活動もやりにくいんだろうなあ。
弊社も、ちょっとでも早く表紙見本を作らなくちゃ。
と思うのですが、にしても、速いです。

●営業マンが100人体制

ポプラ社の営業マンは、正社員、契約社員をいれて、全国100人体制。
これも、弊社ですぐまねできるわけではありませんが、
逆に、そこまで営業マンがいないという前提で、
ではどういうやり方ができるのか、
考えなくては。と思ったのでした。
それにしても、100人かあ。

【本日のアマゾン】
・『その日東京駅五時二十五分発』ランクイン。朝日新聞書評効果だ。
・『未完の贈り物』朝日新聞に宣伝が出ていたなあ。

« 【本】『売れる作家の全技術』 | トップページ | 1097 新しいカウントダウン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/47014170

この記事へのトラックバック一覧です: 1096 100人の営業マン:

« 【本】『売れる作家の全技術』 | トップページ | 1097 新しいカウントダウン »