最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 1109 断酒宣言 | トップページ | 静岡に行ってきました »

2012年9月23日 (日)

【本】『鍵のない夢を見る』

1348406343459.jpg
先日、直木賞を受賞した『鍵のない夢を見る』を読みました。
辻村深月さんの短編集。
読み始めたら、やはり、面白い。
ほぼ一気に読了しました。
ただ、並べ方がちょっと気になったんですが、
これは後で述べます。

5本の短編が収録されていて、主人公は全員女性。
5本の中で、一番面白かったのは、
「芹葉大学の夢と殺人」。
(あくまでも、私の主観ですからね)

これ、ミステリ仕立てになっていて、
被害者の女性の側から殺人事件を描いているのですが、
犯人の造形が極めてうまい、と申しましょうか、
こういう人、いるだろうなあ、近くにいたら、いやだなあ、
と思わせます。
そして、ラストにちょっとした変化もあって、
面白く(いやいや、読後感はよくないのですが)読めました。

ラストの「君本家の誘拐」。
これも、終盤の展開で「おお!」と思いました。
赤ちゃんの誘拐事件を母親の立場から描いているのですが、
いやあ、これは男性作家は書けないでしょう。
書こうと思えば書けますが、とんでもない人と思われるのではないか、と。

「美弥谷団地の逃亡者」は、タイトルから考えて逃亡者の話なんだよね、
と思いながら読み進めたのですが、話の展開がどうにもわからず、
終盤の謎解きで「なるほど!」と思ったのでした。
終盤の一気の展開、独特のリズムだなあと思います。

「石蕗南地区の放火」も、怖い話です。
ラスト2ページほどの、主人公の心中を思いやると、
じわじわっと怖くなります。

で、実は最初においてある作品「仁志野町の泥棒」だけは、
正直、いまひとつと申しましょうか、私にはピンときませんでした。
もちろん、これ、あくまでも私の主観ですよ。
ただ、他の作品の方が、どう考えても面白いと思うんですが…。

これを最初に置いているのが、ちょっと驚きでした。
短編集って、最初の方に面白いのを持ってくるか、
あるいは発表順か、どちらかだと思うのですが、
巻末のクレジットを見ると、発表順ではないらしいのです。

とすると、辻村さん(あるいは編集者さん)は、
この作品がかなり面白い、と思っているのでしょうね。

ううむ。
男と女では、印象が違うのかなあ。
女性が読むと、凄く面白い作品なのかも。
ちょっと気になります。

あと、この本のカバーデザイン。面白いです。
薄い紙になっていて、表紙のイラストが透けて見えるんです。
これ、本のテーマを表現しているんだろうなあ。

【本日のアマゾン】
・『本当は怖い昭和30年代』ランクイン。何かあったのかな。
・『ヒーローを待っていても世界は変わらない』朝日新聞書評効果か。


« 1109 断酒宣言 | トップページ | 静岡に行ってきました »

本の記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/47187687

この記事へのトラックバック一覧です: 【本】『鍵のない夢を見る』:

« 1109 断酒宣言 | トップページ | 静岡に行ってきました »