最近のトラックバック

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 1122【本】『スゴい人の法則』 | トップページ | 1124 地上戦・空中戦 »

2012年10月 6日 (土)

1123 ネットでの情報発信について考える

先日書いた、情報発信の話の続きです。
といっても、結論めいたものが出たわけではないのですが。

編集者が、個人レベルで情報発信するツール、昔に比べてずいぶん増えました。
私個人が使っているものを書き出してみますと、

個人アカウントのフェイスブック
編集部アカウントのフェイスブック
個人アカウントのツイッター
編集部アカウントのツイッター
文庫(編集部)ブログ(自社サイトの中のコンテンツとして)
著者さん公認のブログ(具体的には杉浦さやかさん、美月あきこさん)
著者さんのファンの人たちへの情報メール(具体的には杉浦さん、美月さん)
編集部の情報メール(主に新刊情報を流す)
この個人ブログも、情報発信ツールではありますね。
(ま、かなり趣味的ですが)

ええと。
こんなもんですかね。

このうち、フェイスブックは機能を使いこなしていないという気がします。
イベント作成とか、メッセージとか、
まだまだ使えそう。そういう機能を勉強しなくては。と思うのです。
ひょっとしたら、ツイッターでもまだ使いこなしていない機能があるかも。

それから、情報発信のタイミング、が重要だと思います。
いわゆる情報解禁。
解禁前につぶやくわけにはいきません。

そして、情報解禁が過ぎたら、ツイッターやフェイスブックで複数回つぶやく。
特にツイッターは、たった1回では見過ごされる可能性大ですから。
ただ、ではどのくらいが適正回数なのかが、
ちょっとわかりません。
あまりにしつこく投稿したら、フォローはずされるかも。

もう一点、そしてこれがまだ結論が出ていないのですが、
上記の情報発信ツール、どういう順番で発信していくのが正しいのか。

おそらく、私の感覚では、
まず狭い世界で深い情報を発信し、
しだいに、広い世界でつぶやいていく。

あるいは、とにかくいっせいに、
ダーっと発信したほうがいいのかな。

上記のツールで何をつぶやいたか、
しばらく、メモを取っておいたほうがいいかも。
(いやあ、現実的ではないなあ…)

とりあえず、
次の新刊である杉浦さやかさんと、
その次、12月に出る本は、
ちょっとメモを取っておきます。
で、どういうやり方がいいのか。考えてみたい。

当面の研究課題でありますね。


【本日のアマゾン】
・『これでいいのだ―赤塚不二夫自叙伝』上位に。
・『教科書に載ってないUSA語録』ちょっと気になる。
・『病的に自分が好きな人』お。ランクイン。

« 1122【本】『スゴい人の法則』 | トップページ | 1124 地上戦・空中戦 »

仕事のヒント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1240542/47337521

この記事へのトラックバック一覧です: 1123 ネットでの情報発信について考える:

« 1122【本】『スゴい人の法則』 | トップページ | 1124 地上戦・空中戦 »